クジラは魚なのか

Pocket

先日、スーパーの鮮魚コーナーにクジラの肉が置いてあったのを見た妻が「クジラは哺乳類やから精肉コーナーに置くべきなんちゃうん?」とおっしゃっていた。細かいところに目を留める方である。ブログのネタでも探しているのだろうか。

彼女の言うとおりクジラは海に生きる哺乳類の動物、いわゆる海獣である。海獣の中でも海でしか生きられない海洋常在種で、アシカやアザラシのように陸上で生活することはできない。この辺が魚類と混同されやすい原因だろう。

スーパーの鮮魚コーナーで主に扱われているのは魚や貝などの魚介類、エビやカニなどの甲殻類で、哺乳類が扱われることは普通ない。一方、精肉コーナーで扱われる牛や豚は哺乳類である。「同じ哺乳類なんやから、一緒にまとめたりいよ」と妻はおっしゃりたいのだろう。

またクジラは、イルカとサイズの違いしかなく、生態はカバに近いとされている。漢字で書くとそれぞれ「海」「河」だ。豚はもちろん、馬の肉が鮮魚コーナーで扱われるのは不自然だろう。

しかし、精肉コーナーは哺乳類を専門に扱っているわけではない。鶏肉(鳥類)を扱っていることからもわかるように、対象は陸上生物である。察するに、生き物の種類ではなく、生産者によってコーナーが分かれているのだろう。猟師は精肉コーナー、漁師は鮮魚コーナーといったところか(猟師は畜産しないと思うけれど)。

よって、「クジラは哺乳類だが、海で獲れる生き物であるため鮮魚コーナーの取り扱いになる」が櫻井の見解である。実のところは定かでない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA