エジソンはえらいひとなのか

Pocket

トーマス・エジソンは、電化製品を中心に数多くの発明を残したアメリカの発明家であり、「天才とは1パーセントのひらめきと、99パーセントの努力である」という有名な言葉によって、「どんな努力も1パーセントの才能の前にひれ伏す」と、世の無情を的確に表した人物でも知られている。彼の最大の功績は電力システムの事業化、つまり、「専門的知識のない人でも、高度な技術を容易に使えるようにしたこと」である。スイッチを押せば誰でも電気が点けられる、といった「当たり前」を作った人なのだ。

さて、このエジソンを「偉い人」と歌った人(たち)がいる。あの、ピーヒャラしている人だ。前述の通り、エジソンは多くの発明を生んだ「凄い人」ではあるが、果たして「凄い」と「偉い」は同義なのだろうか。しかも、ピーヒャラしている人は「そんなの常識」とまで言い切っている。そんなポンポコリンな話があるだろうか。そこで今回は、「偉い」とはなにか、タッタタラリラ考察していく。

「偉い」を辞書で引いてみると、「高い地位にあるさま。大きな勢力をもっているさま」とある。「偉そうな上司」とか「お偉いさん」とか、一番最初に連想するのはこっちのイメージではないだろうか。他にも「体調が悪い状態」といった意味もある。これは「しんどい」「だるい」「きつい」「こわい」「たいぎい」と同義で、主に東海地方で用いられる方言の一種である。ひょっとしたら、ピーヒャラしている人は名古屋府民なのかもしれない。実はエジソンと会ったことがあり、たまたまそん時えらそうにしとるもんで、どえりゃあ印象に残っただがね、みたいな。

ちなみに「偉い」には「普通よりもすぐれているさま」という意味がある。よって、エジソンは偉い。さらにちなむと、「凄い」は元々「ぞっとする」「恐ろしい」という意味で、ネガティブな表現で用いられる言葉だった。今でいう「やばい」に相当する。そういえば最近「これはひどい」という言葉がよく使われているけれど、あれもどちらかと言えば「面白い」という意味で用いられているため、ポジティブな表現と言える。そのうち「ひどい」という言葉も、「やばい」みたいに使われるのかもしれない。フライングして「酷い顔だね」とか言わないように。パッパパラパされること請け合いである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA