エジソンはえらいひとなのか

Pocket

トーマス・エジソンは、電化製品を中心に数多くの発明を残したアメリカの発明家であり、「天才とは1パーセントのひらめきと、99パーセントの努力である」という有名な言葉によって、「どんな努力も1パーセントの才能の前にひれ伏す」と、世の無情を的確に表した人物でも知られています。彼の最大の功績は電力システムの事業化、つまり、「専門的知識のない人でも、高度な技術を容易に使えるようにしたこと」です。スイッチを押せば誰でも電気が点けられる、といった当たり前を作った人と言えます。

さて、このエジソンを「偉い人」と歌った人(たち)がいます。あの、ピーヒャラしている人です。前述の通り、エジソンは多くの発明を生んだ「凄い人」ですが、はたして「凄い」と「偉い」は同義なんでしょうか。しかも、ピーヒャラしている人は「そんなの常識」と言い切っています。そんなポンポコリンな話があるでしょうか。今回は、「偉い」とはなにか、タッタタラリラ考察していきましょう。

「偉い」という言葉を辞書で引いてみると、「高い地位にあるさま。大きな勢力をもっているさま」と載っています。「偉そうな上司」「お偉いさん」など、最もポピュラーな使い方と言えます。他にも「体調が悪い状態」といった意味もあり、「しんどい」「だるい」「きつい」「こわい」「たいぎい」に並ぶ方言の一種です。ひょっとしたら、ピーヒャラしている人は名古屋府民なのかもしれません(参考『名古屋府』)。

あなみに「偉い」には「普通よりもすぐれているさま」という意味があります。よって、エジソンは偉い。さらにちなむと、「凄い」はもともと「ぞっとする」「恐ろしい」という意味で、ネガティブな表現で用いられる言葉でした。今でいう「やばい」に相当します。そういえば最近「これはひどい」という言葉がよく使われていますが、これも「面白い」という意味で用いられているので、ポジティブな表現と言えます。そのうち「ひどい」という言葉も、「やばい」みたいに使われるのかもしれませんね。フライングして「酷い顔だね」と言わないように気を付けましょう。パッパパラパされること請け合いです。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA