もう

Pocket

副詞、あるいは、感嘆詞として用いられる日本語の言葉。副詞では、時間や程度がある一定のポイントに対して近付いたり、超えたり、更に加える際に用いる。たとえば、「もう着く」は、まだポイントに達していないが、近付いている。「もう着いた」は、既に終了しているため、ポイントを超えている。「もう一個」は、既に一個ある状態(ポイント)から、さらに1個加えようとしている様である。感嘆詞では、フラストレーションを感じている際に用いることが多い。朝、なかなか起きない子どもに対する、「もう、いつまで寝てんの!」という親の台詞が例として挙げられる。ちなみに、この台詞は疑問文の形態だけれど、非難の意である。「あと5分~」は、返答して不適切なので注意しよう。

楽曲の歌詞にも、よく用いられる言葉である。「もう」ときて、その後に続く歌詞を連想するのは意外と容易い。「終わりだね」、と続いた人が多いのでは、と予想。あとは、「どうにも止まらない」とか「恋なんてしないなんて」あたりが有名か。ちなみに櫻井は「彼のことは忘れてしまえよ」を連想した。いずれも、「もう」ではなく「もお」と発音する。口が大きく開くので、歌いやすい言葉なのかもしれない。字面と発音が違う代表例のような言葉で、小学1年生の国語のテストに必ずと言っていいほど出題される。まだの人は注意しよう。

日本語では「もう」だけで複数の意味を持つけれど、英語に訳すと全く別の言葉になる。「近付く」の意味で使うなら「soon」 、「超える」なら「already」や「enough」を用いることが多い。ただ、「加える」で用いられる「more」という言葉は、日本語の「もう(もお)」に少し発音が似ている。これにあやかって韻を踏みつつ、意味も揃える歌詞も稀にある。感嘆詞の英訳は、該当する言葉が思いつかない。強いて言えば「shit」が近いけれど、下品な表現なので、あまり乱用しないように注意しよう。

副詞、感嘆詞以外にも、日本では牛の鳴き声を「もう」と表記することがある。森永乳業が「MOW(モウ)」という名前のアイスを出しているが、これは「牧場で食べるソフトクリームをコンセプトに牛の鳴き声をイメージしました。ミルクのコクがしっかり味わえるアイスであることをこめて名付けました(公式コメント)」という由来がある。ただ、英語で牛の鳴き声は「moo」 、発音も「ムウ」である。「mow」は「干し草の山」を表す名詞、あるいは、「(草など)を刈り取る」、「(砲火、機関銃などで)~を無差別に殺戮する(down)」という意味を成す、動詞。色々注意しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA