はじめてのジャズ

Pocket

ジャズを知らない人でも、マイルス・デイビスの名前を知っている人は多い。ジャズの音楽史を何度も塗り替えた偉大なミュージシャンであるけれど、はじめてのジャズにうってつけかと言われると素直にうなずけない。「売れているから」という理由で「ビッチェズ・ブリュー」や「カインド・オブ・ブルー」に手を出してしまえば、「やっぱりジャズは難解だ」と敬遠してしまうだろう。

ジャズをもう少し好意的に受け入れるためには、もっと大衆性のあるジャズから聞き始めると良い。ただ、中にはジャズとよく似た「ジャズ風」の音楽もあるので注意が必要だ(参考『ケニーGで見る、ジャズ音楽の定義とカテゴライズの真意』)。今回は、初めて聞くのにもってこいのジャズを3つ、紹介する。

1. ボーカル・ジャズ

「歌が入っていると聞きやすい」という特徴もあるが、「インストゥルメンタル。(楽器だけで構成された楽曲。以下、インスト)に比べて、アドリブ(即興演奏)が短い」というのもボーカル・ジャズの特徴だ。インストのジャズでは10分以上ソロをしている楽曲も珍しくない。その点ボーカル・ジャズは4、5分でまとまっている楽曲が多いため、いわゆるポップスやロック音楽とそう変わらない。

ルイ・アームストロング「Hello Dolly」

フランク・シナトラ「Fly Me to the Moon」

エラ・フィッツジェラルド「Mack the Knife」

2. ビッグバンド・ジャズ

ジャズのジャンルの一種で、通常15名以上の大所帯で構成された楽曲のこと。ジャズの第1黄金期とも呼ばれ、当時はアメリカの大衆音楽だった。ドラム・レッスンでも「Sing Sing Sing(後述)が叩きたい」という生徒様が、老若男女問わず多い。メロディもキャッチーで、わかりやすいのが特徴だ。

ベニー・グッドマン「Sing Sing Sing」

グレン・ミラー「Little Brown Jug」

デューク・エリントン「Take the A Train」

3. オムニバス・アルバム

「コンピレーション・アルバム」とも言い、特定のジャンルやアーティストに限定せず、複数の作品を1つにまとめたもの。入門向けに選曲されたものが多いし、幅広い楽曲が集っているため、自分好みの曲が見つかりやすい。ちなみに、櫻井が初めてCDレンタルしたのもジャズのオムニバス・アルバムだ。中でもビル・エヴァンスがお気に入りで、その後、「ポートレート・イン・ジャズ」を借りにいった。櫻井がドラマーになったきっかけとなったアルバムである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA