なぜボーカリストはテレキャスターを選ぶのか

IMG_2086[1]

テレキャスターとは、フェンダー社が作るギターの一種、あるいは、それを模した他社のギターのこと。厳密には、テレキャスターはフェンダー社のギターで、それを模したモデルは「テレキャスター・モデル」という名称になります(シャンパンとスパークリングワインみたいなものです)。本記事ではどちらも「テレキャスター」で統一させていただきます。ひとくちにテレキャスターと言っても色んな種類がありますが、基本的には以下の構造を持ったギターのことを指します。

1. シングルカッタウェイ(ボディの形状が左右非対称)
2. ソリッドボディ(単板で作られた非空洞ボディ)
3. ボルトオンネック(ボディとネックをボルトで固定するタイプ)
4. 2ピックアップ(弦の振動を拾う装置=ピックアップの数が2つ)
5. 1ボリューム1トーン(音量と高域を調節するノブが1つずつ)
6. トレモロ・アーム非搭載(音のピッチを変化させる装置なし)

上記の構造に当てはまらない、ホロウ・ボディ(ボディ内部が空洞)や2ボリューム2トーン、トレモロ・アーム搭載のテレキャスターもあります。そういえばダブル・カッタウェイのテレキャスターは見たことがない、と思って検索してみると、今年のNAMMショーで「ダブル・カッタウェイ・テレキャスター」なるものがフェンダー社から発表されていました。

閑話休題、以上の構造により、テレキャスターには「軽い」「シンプルな操作性」「特徴的な高域」といった特徴が挙げられます。これがそのまま「ボーカリストがテレキャスターを選ぶ理由」になるのではないか、と考えました。1つずつ考察していきます。

○軽い

ボーカリストのメインはです。重いギターはそれだけで体力を消耗するので、ボーカリストには不向きなのではないでしょうか。たとえば、重いギターの代名詞「レスポール」でボーカルギターしている人は、「レスポール・スペシャル(マホガニー単板で、比較的軽いモデル)」を使っているか、途中で持ち替えています。レニー・クラヴィッツくらい筋肉むきむきにならないと、重いギターを持ちながら歌うのは難しいでしょう(レニーですらフライングVに持ち替えています)。

○シンプルな操作性

上記の「軽い」という理由だけでは、たとえば同じフェンダー社の「ストラトキャスター(あるいは、他社のストラトキャスター・モデル)」の方がダブル・カッタウェイの上にコンター加工(ボディを滑らかに削る加工)してある分、テレキャスターよりも軽いので、ボーカリストに向いていることになります。ところが、ストラトキャスターの標準装備は3ピックアップ、1ボリューム2トーン、トレモロ・アーム搭載と、テレキャスターに比べるとやや複雑というか、オプションが多いのです。繰り返しになりますが、ボーカリストのメインは歌であり、「ギターの調整、調節に時間を取られたくない」と考えている人が、シンプルなテレキャスターを選ぶのは至極自然なことでしょう。

○特徴的な高音域

非常に抽象的な表現だけれど、テレキャスターと言って思い浮かべるのは「ギュイーン」よりは「キューン」ですし、「ジャカジャカ」よりは「チャキチャキ」です。大きな原因としては、テレキャスターに搭載されているのが「シングル・コイル」という高域中心のピックアップであり、かつ主として使われるのがリア側(弦を固定している側。硬質な音色)である、などが考えられます。これがどう影響するかというと、「ボーカルの声とギターの音がぶつかりにくい」という現象が起こります。ボーカリストにとっては弾きやすいうえに、歌いやすいギターがテレキャスターというわけです。

もっともらしい理由を並べてみましたが、「好きなアーティストが使っているから」というのが最大の動機かもしれません。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。