「海外の大学で首席」の真実

Pocket

日本の大学で首席というと「1位の成績」の意味だが、海外の大学では「良い成績」程度の意味になる。たとえば、100点を取ったAくんと98点を取ったBくんがいたとして、日本の大学で首席と呼べるのはAくんだけだけれど、海外の大学ではAくんもBくんも首席として扱われる。複数の生徒が首席を取れるわけだ。

なぜそんなことになってしまうかというと、海外の評価は良い順に「First Grade」、「Second Grade」という風になっていて、この「First Grade」が「首席」と和訳できてしまうからである。相対的評価ではなく、絶対的評価に基づいているわけだ。わかりやすく言うと、小学校の5段階評価で5を取った生徒は全員首席である、というのと同じである。

櫻井が卒業したニューパーク音楽大学(以下、ニューパーク)では70点以上で「First Grade」 、つまり、首席とみなされる。100点の生徒も70点の生徒も、どちらも同じ首席だ。大学によって基準は異なると思うけれど、「○点以上取れば首席」という点は共通している。よくある「海外の○○大学を首席で卒業」というプロフィールは、「学年で1位だったんだ」と思われがちだけれど、実際は70点の成績で、その人よりも良い成績を取った人が複数いた可能性も大いにあるわけだ。

ニューパークの場合、70点以上というのは「出された課題をある程度こなせれば誰でも取れるレベル」である。授業で教わったことだけを、そのまま試験でやれば首席が取れるのだ。たとえば、ソロをコピーする「トランスクリプション」という試験では、「4分前後のソロを1曲コピーし、演奏する」だけである。誰のソロをコピーするのか決めるのも自分だ。アレンジしてソロを考える、といった独創性も求められない。「コンポジション(作曲)」の試験も、「1番、2番、3番と同じことを繰り返さない曲」を作れば70点、つまり首席が取れる。難しい点といえば、「アイディアが出てこない」くらいだけれど、その場合は先生に聞けばアイディアをもらえる。こういうのを、至れり尽くせりと言うのだろう。 

「出された課題をこなす」というのは実に日本人向けのタスクで、日本人であるほど海外の大学で首席を取りやすいと言える。海外の人(本当は日本人こそ外国人なのだけれど)ほど「課題を無視して自分のやりたいことをやる」という傾向が見られる。音楽的には良いことをしているのだけれど、良い成績は取れないわけだ。ニューパークのロナン学部長が櫻井のことを「イグザム・モンスター(Exam Monster) 」と言ったことがあるけれど、もちろん褒め言葉ではないし、日本人の大半はモンスターだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA