ドラム

フィル・インの作り方 part1

パソコンで音源を作っているギタリストの友人が「ドラムを打ち込む際、フィル・インをどう作ればいいのかわからない」とおっしゃっていました。曲によって、また、作り手の考え方によって最適なフィル・インは変わってきます。絶対的な正 […]

フィル・インの作り方 part1 Read More »

3点セットが多すぎる

「3点セット」とはドラム・セットに用いられる言葉で、主に2つの意味があります。1つは「ハイハット、スネア、バスドラムの3つを指したもの」、もう1つは「タム、フロアタム、バスドラムが1つずつあるセッティングの名称」のことで

3点セットが多すぎる Read More »

3拍子のドラム・パターン

3拍子とは、1小節が3拍で構成されたリズムのことです。ポピュラー音楽の大半が4拍子で構成されているせいか、「3拍子は変拍子」と思われがちですが、厳密に言うと3拍子は単純拍子といい、変拍子には含まれません。慣れないうちは「

3拍子のドラム・パターン Read More »

会いたくて会いたくて震えてみた

前回の『会いたくて震える原理』で、「『会いたくて会いたくて震える』は7/8拍子」という話をしました。このリズムをドラム・セットに適用してみます。まずは比較的シンプルな7/8拍子のグルーブ(ノリ)を作って演奏してみました。

会いたくて会いたくて震えてみた Read More »

タムを使ったリズム・パターン

基本的にどのジャンルでもドラムの演奏は「リズム・パターン」が大きな割合を占めています。ロックやポップスなら「8ビート」や「ウラ打ち」、ジャズなら「レガート」といったリズム・パターンを用いますが、いずれも「ハイハット(ある

タムを使ったリズム・パターン Read More »

寿限無を叩いてみた

寿限無(じゅげむ)とは、落語の最も有名な演目の1つ。「子どもが生まれたので何か良い名前はないか」と話が始まり、ありとあらゆる「ありがたい名前」が挙げられていきます。最終的に「挙げられた名前をすべて繋げてしまおう」というこ

寿限無を叩いてみた Read More »

ドラム・セットのセッティング

同じドラム・セットでも、セッティングには個人差が表れます。見た目で一番わかりやすい違いは、シンバルやタム、スネアの打面の「角度」でしょう。ほとんど水平にしている人もいれば、手前に大きく傾けている人、手前を高くして奥側に傾

ドラム・セットのセッティング Read More »

櫻井ティモと7人のドラム講師

教則ビデオやクリニック、体験レッスンなど、ドラムで影響を受けた人は数えきれないほどいますが、長期間に渡って直接ドラムを習った「先生」と呼べる人は、高校時代に1人、専門学校時代に4人、大学時代に2人、合計7人います。ドラム

櫻井ティモと7人のドラム講師 Read More »

ザック・スターキー

イギリス出身のドラマーで、イギリスのバンド「ザ・フー」や「オアシス」のサポート・メンバーとしてよく知られています。フーもオアシスも、イギリスを代表する、超メジャーなロック・バンドです。そのサポート活動しているだけで十分有

ザック・スターキー Read More »

もしドラ

○もしリャン・ウー萬両面待ち、ドラドラ三順子のテンパイでリーチして、一発で赤ウー萬をツモったら メンゼンリーチ一発平和ドラドラドラで、跳満が確定します。タンヤオ、三色、赤ウー筒、赤ウー索、裏ドラが載れば数え役満。親なら1

もしドラ Read More »

何でドラムセットは作られるか

ある番組で、タモリさんが、派手なカラーリングのドラムセットを見て、「これ、陶器(製)?」と、質問していました。非常に一般的な感覚で、感心しました。ドラムセットは普通、木製ですが、「ドラムセットは普通、木製である」と知って

何でドラムセットは作られるか Read More »

自作自演自己評価

この間、荷物の整理をしていたら、都内でライブハウス活動をしていた頃の、DVD-ROMが見つかりました。関東の家に置いてきたものだと思っていたのに、ちゃっかり持ってきているところ、なんだかんだ大切な思い出なのだと思います。

自作自演自己評価 Read More »

ドラム関連器材

ふつう、ドラムセットは、スタジオやライブハウスに常設されています。そのため、ドラマーが自分で用意しなければならない器材は、スティックだけになります。「種類がいっぱいあって、どれを選べば良いかわかんなーい☆」という方は、V

ドラム関連器材 Read More »

ドラムとスポーツの関係と、「ドラム筋」について

以前、「リズムは運動的要素が強い」という内容のブログ(参考『リズムだけで音楽は成立するのか』)を書きました。似たような話で、「ドラムはスポーツに通じるものがある」と言っているドラマーがいらっしゃいます。僕の専門学校時代の

ドラムとスポーツの関係と、「ドラム筋」について Read More »

楽器の壁

僕が初めて手にしたポピュラー楽器は、アコースティック・ギターで、最初の壁は「Fコードが押さえられない」でした。Fコードは頑張れば誤魔化せますが、次のBコードで「あ、ごめん、ギター無理」と諦めてしまいました。正直、今でも、

楽器の壁 Read More »

上部へスクロール