8ビート

Pocket

「エイト・ビート」と呼ばれる8分音符を基調としたリズム・パターンのひとつで、主にドラム・セット演奏時に用いられる言葉。他の楽器、たとえば「ピアノで8ビートを演奏する」とはあまり言わない。ポピュラーかつ単純なリズム・パターンであるため、ドラム・レッスンの導入部に必ず出てくる。今もやってるか不明だけれど、櫻井が中学生の頃は音楽の授業で「ドラム」という項目があって、この「8ビート」が叩けるかどうか、が評価の対象だった。

演奏法は、利き腕で8分音符を叩き、もう片方の手で2拍目と4拍目に4分音符を叩き、利き腕と同じ側の足で1拍目と3拍目を叩く。利き腕が右だと、こうなる。

eightbeat1

これを前述の通り、「右手で8分音符を叩きながら、左手が2拍目と4拍目、右足が1拍目と3拍目」と考えてしまうと、上手く演奏できない場合が多い。色づけするとわかりやすいけれど、右手、左手、右足、いずれも横に線が伸びていて、縦の関係がない状態=手足がバラバラ、という状態になる。

eightbeat2

これを、「右手と両足同時、両手同時、その中間を右手で埋める」と考えると、縦の関係ができる。

eightbeat3

ドラムはよく「手足をバラバラに動かすのが難しい」という印象を持たれるのだけれど、実際は「いかにバラバラに動かさないか」を意識することがポイントであると思う。8ビートはもちろん、変拍子やポリリズム、メトリック・モジュレーションなど、高度なテクニックにおいても、「どこに縦線があるか」を常に意識していれば、まず身体は動く。

ちなみに、「8ビート」という言葉は和製英語で、海外では全く通じない(正確には、通じるけれど、全く違う意味になる)。「8s note feel(8分音符のノリ)」や「Rock feel(ロックのノリ)」などの曲想用語を、そのままドラム・パターンにも用いている。これは「16ビート」「4ビート」なども同様で、「音符名+フィール」あるいは「数字+フィール」となるので注意しよう。さらにちなむと、「ハチロク(8分の6拍子)」などの拍子記号は「Six-eight」と、分子→分母で日本とは逆になる。これは分数コードや2拍3連なども同様(C分のD♭コード→「D flat over C」、2拍の上に3連→「Three over two」)。「キメ」は「Break」、「ハネ」は「Bounce」、あとは日本と同じなので、これだけわかっていれば英語が喋れなくても英語圏でドラムは演奏できるし、大学も卒業できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA