ウラ打ち

Pocket

厳密には「8分音符のウラ拍(後述)にアクセントを置く奏法」のことだけれど、ドラムのリズム・パターンの名称にも用いられる。他にも「4つ打ち(これも厳密には奏法の名称である)」「ディスコ(ダンス)・ビート」など、複数の呼び方がある。ここ最近の邦楽は、ほとんどこのリズム・パターンで演奏されており、8ビート以上にスタンダートなりつつある。ここでは便宜上、「ウラ打ちパターン」と呼称する。

ウラ拍とは、八分音符を「1と2と3と……」と数えた際の、「と」の部分のこと。対して、数字の部分をオモテ拍と言う。

urauchi1

このウラ拍をハイハット・オープン(後述)で叩き、バスドラムで4分音符(つまり、オモテ拍)、スネアで2、4拍目を叩くのが基本的なパターンとなる。

urauchi2

ウラ拍にアクセントを置く、と書いたけれど、「ウラ拍を強調する」というより「ウラ拍にアクセントを置くことで、オモテ拍のバスドラムを強調する」といった狙いがある。よって、音楽的には「4つ打ち」の方が正確かもしれない。

ハイハット・オープンとは、左足を上げてハイハットを開いた(オープン)状態で叩く演奏法のこと。ウラ打ちパターンでは、開いたハイハットをオモテ拍で閉じる(クローズ)することが多い。そのため、ウラ打ちパターンは「両手両足を動かすリズム・パターン」となる。

urauchi3

両手両足を動かすといっても、左足(ハイハット側の足)の動きは右足(バス・ドラム)と同じなので、考え方としては3チャンネル(右手、左手、足)のままである。ただ、難しいポイントとして、以下の点が挙げられる。

a. 左右の足が同時に表拍を踏まなければならない。
b. ハイハットの開き具合を左足で加減しなければならない。
c. 左足を上げる(=ハイハットを開く)タイミングを調整しなければならない。

いずれも利き足でない左足のコントロールに関するポイントであるが、ポイントaに関しては右足を手本にして練習すればそこまで難しいものではないし、ポイントbに関しては最初のセッティングの時点で上下のハイハットの感覚を狭めておけば、左足で開き具合を加減する手間が省ける。難しいのはポイントcで、ウラ拍を叩く直前に左足を上げるのが理想である。

色んな人の色んなやり方があるけれど、櫻井は「左足をヒール・ダウン(かかとをつけた状態)にして、ハイハットのオープン・クローズを調整すること」をオススメしている。つま先を軽く上げるだけでハイハットが開くのでタイミングが合わせやすいのと、バス・ドラムをヒール・アップ(かかとを上げた状態)で演奏しても両足が浮いた状態にならないので、身体が安定する+オモテ拍を強く叩ける(=強調しやすい)といった利点がある。ウラ打ちパターンに限らず、「左足と右足を同じタイミングで踏むフレーズ」の時、左足はヒール・ダウンにしている。逆に、「左足と右足を異なるタイミングで踏むフレーズ」の時、左足はヒール・アップにしている。参考までに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA