3点セットが多すぎる

Pocket

「3点セット」とはドラム・セットに用いられる言葉で、2つの意味がある。1つは「ハイハット、スネア、バス・ドラム」の3つを指したもの。もう1つは、「タム、フロア・タム、バス・ドラムが1つずつあるセッティングの名称」のことで、今回取りあげるのもこちらである。タムが12―14インチ、フロア・タムが14―16インチ、バス・ドラムが18―24インチといった具合に、ジャンルによって口径の違いが出ることはあるものの、基本的なセッティングは一緒である。ロック系なら大きい口径、ジャズ系なら小さい口径が好まれる傾向にある。また、最近流行している「ジャングル・キット」も、口径はかなり小さいが、3点セットである場合がほとんどである。



スタジオやライブ・ハウスに常設されているドラム・セットは、もう1つタムを加えた「4点セット」であることが多い。3点セットを好むドラマーは、わざわざタムを1つ外してセッティングするわけだけれど、これには理由がある。1つは、ライドがセッティングしやすいこと。4点セットにおけるライドの位置はタム2の横であり、そうするとドラマーとライドの間に距離が生まれ、ライドを叩く際に少し腕が伸びた状態になってしまう。下図のようにタム2と被せるようにセッティングさせると、タム2が叩き辛くなってしまい、さらにタム2よりも上にセッティングさせなければならないため、必然的に高い位置になってしまうのだ。

3点セットの場合は、タム2がない分スペースがあり、よりドラマー側に近くセッティングすることができる。また、障害物がないため低くセッティングできるし、水平にしても楽な姿勢で叩くことができる。

もう1つ理由があって、過去に活躍したいわゆる「偉大なドラマー」が3点セットを使っていること。好きなドラマーを模倣しているわけである。ジャズ・ドラマーなんかは90パーセントくらい3点セットを使っているが、彼らの場合、好きで3点セットを使っているというより、そもそもタムを2つセッティングできるほどドラム・セットに強度がない時代だった、といえる。4点セットがなかったわけではないが、今のように一般的になったのは、タムを水平にセッティングできるレベルまでシェル(胴体)やパーツが改良されてからである。

この3点セット、未だに根強い人気を持っている。櫻井の周りだと、だいたい3人に2人くらいの割合で3点セットだったりする。ただ、みんながみんなそうというわけではないけれど、「3点セットじゃないと演奏できない」というドラマーが思いの外多い。たぶん免許証に「3点セット限定」と書かれているのだろう。格好良さとはなにか、と思わず考えさせられてしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA