責任の所在

Pocket

ダブリンの日本人クリスチャン集会に参加した時の話。牧師のグレアムさんが参加者のひとりに目隠しさせ、まずは杖を持たせてひとりで歩かせる。それから今度は、目の見える人が手を引いてふたりで歩かせ、「どちらが気分的に楽か」を目隠ししている参加者に聞く。目隠しをしている当人も、端から見ていたこちらも、誰かに手を引いてもらう方が楽だ、という意見で一致した。そこでグレアムさんは、「どうして誰かに手を引いてもらう方が気分が楽になるのか」を尋ねた。

最初に挙がったのは「ひとりじゃないから」という意見。つまり、誰かと一緒にいた方が安心できるし気分も楽になる、という理屈だ。しかし、人によっては誰かと一緒にいるのが煩わしく思うのでは、と櫻井は思った。櫻井の意見は「杖を使うよりも簡単に歩けるから」というもの。要するに、「道の状態を調べる」「判断する」といった手順の簡略化が単純に楽だ、ということ。これなら、手を引く相手が機械や動物の場合でも適用できる。ただこれも、飽くまで楽になるのは手順であって、「気分的に楽か」と問われると、少々的外れな回答であることは否めない。

グレアムさんの回答は実にシンプルで、「責任の所在が自分から他人に移るから」というもの。もし目隠しした人が転んだ場合、自分ひとりで歩いていたならそれは自分の責任だけれど、誰かに手を引いてもらっていたならば、それは手を引いた人の責任になる。この「責任転嫁」が気分が楽になる原因である、というのだ。なるほどな、と思った。大学で色んな国の色んな人を見てきて、皮肉だけれど、問題を人のせいにする、自分を正当化しようとするのは世界共通のようだった。世界共通、つまり、人間なら誰しも、ということである。

たぶん、音楽教室に人が来るのも、この「責任転嫁」が理由なのかもしれない。技術の上達は本来個人的なものだけれど、教えを請うことで教師に責任を負わせることができる。音楽を教えるのはもちろん、こういった責任を持つことも教師の仕事の一部、なのかもしれない。

いずれにせよ、このような責任転嫁は幻想である、と櫻井は思う。少なくとも、自分の責任にした方が労力はかからない。罪を認めてしまった方が楽、ということ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA