英語ができなくても海外大学を卒業する方法

Pocket


「ニューパーク音楽大学」という音楽大学がアイルランドにある。アイルランドは英語圏で、当然講義も試験も全て英語であるが、櫻井は英語ができないのにも関わらずこの大学を卒業している(参考「ニューパーク音楽大学を選んだ理由」)。入学前に現地の語学学校で勉強したが、いざ大学に入ると全く通じなかったし、留学生の多い大学なので講師は丁寧な英語を使ってくれていたらしいけれど、それでも何を言っているのかさっぱりわからなかった。

この話をすると、大抵の人が「英語ができないと言って謙遜している」と誤解する。どこがどう謙遜なのか、と思ったのだけれど、どうやら「英語ができないのに海外の大学を卒業できるわけがない」と考えている人が多いようだ。たしかに、英語のスキルが完全にゼロだったら無理かもしれないけれど、海外留学の壁は日本人が思っているほど高くはない。一番の壁は時間と資金だろう。この2つに比べたら、言語の壁は問題にならない。

英語ができないのにどうやって卒業したか説明する前に、櫻井の言う「英語ができない」がどの程度か定義しておこう。まず、櫻井は義務教育中(中学の3年間)、まったく英語を勉強しなかった。高校を卒業してから独学で勉強し始めたけれど、中学2年レベルがギリギリわかるくらいで、中学3年レベル(現在完了とか過去分詞)になると知識として覚えているだけで活用できない。スピーキングは知っている単語(つまり中学2年レベル)を並べる程度、リスニングに至っては全くと言っていいほどわかっていない。よって、「平均点な中学2年生男子の英語力」と思っていただきたい。

○英語を必要としない部分でポイントを稼ぐ

音楽の演奏には英語が不要である。講師の言っていることが理解できなくても、講師が演奏している内容は理解できる。試験に出るのは講義でやっていることだけなので、基本的には真似だけしていれば合格できる。「こういうのはどうだろう」とアイディアが思い浮かべば、実際演奏して見せて、反応を伺う。言葉がわからなくても、表情や声色で良いか悪いかは判断できる。これは音大ならではの利点だけれど、他の分野でも英語を必要としないポイントがあるはずだ。まずはそれを確実に射止めよう。

○前もって空気を読む

これは以前にも書いたことがある(参考「英語に慣れる、ということ」)。たとえば、西洋音楽史の講義で因数分解について講義することはない。当たり前だけれど、西洋音楽史で教えるのは西洋音楽、つまり、クラシック音楽の歴史についてだ。そこまでわかっていれば、あとは日本語で予習しておけば良い。講義中はホワイトボードに書かれていることを丸写し、かつ、何度も繰り返している単語をチェックしておく。帰ってから辞書などを使って復習し、次回の予習をする。この繰り返しである。

中学英語だけでも論文は書ける

櫻井が大学生活で最も不安だったのが、論文の提出だった。なんせ日本の中学レベルの英語である。兼ねてより「日本の英語教育は遅れている」と思っていたので、論文なんて書けるわけがないと思っていたのだ。ところが、いざ論文を書いて提出すると、単位を落とすどころか高評価だったのだ。実は語学学校へ通っていた頃から薄々気づいていたのだけれど、ライティング、リーディングに関して日本の英語教育はかなり優秀である。櫻井は独学だったので論文制作に時間がかかったが、普通に中学3年間勉強した人だったら楽勝なのではないか。

以上。英語を理由に海外留学を思いあぐねている人は、ひとまず中学英語を勉強しよう。あとは時間と資金さえあれば卒業できる(参考「海外留学に必要なもの」)。しかし、櫻井は大学内でも有名な「英語できないキャラ」だったため、大学側が見逃してくれた感は否めない。特異な例だったのだろう、ということを最後に注釈しておく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA