自分の作った曲が世界一格好良く聞こえる現象

Pocket

作曲あるあるの1つで、自分で作ったオリジナルの曲を必要以上に誇大してしまうこと。簡潔に言えば、「勘違い」です。楽曲の価値とは、本来数値化できるものではありません(強いて挙げれば、売上くらいでしょう)。何をもってして「格好良い」とするかは個人差があるため、自分1人で「自分の曲は格好良い」と思うだけなら誇大にはなりません。問題なのは、その主観的価値を他者に期待する行為です。ようするに、「自分が格好良いと思うものは、他者にとっても格好良いはずだ」と思ったら、それは勘違いになります。

この傾向は、特に若いバンドマンに多く見られます。「自分たちの音楽で食っていきます!」という志を持って、日々「自分たちの音楽」を追及していくのは立派なことです。しかし、それがビジネスとなり、金銭が生じるかどうかは全く別問題となります。タイプは異なりますが、「自分たちが良い、と思えないものを披露するなんて邪道だ!」という考えも勘違いである可能性があります。「邪道だ!」と考えるのは当人たちだけで、顧客にはあまり影響がありません(多少のコマーシャル効果はあるかもしれませんが)。「自分たちの音楽で食っていきます!」を実現させるには、自分たちの音楽を確立させるよりも、自分たちの音楽の需要はどこにあるのかを考えた方が利益に繋がります。

櫻井が大学時代に作曲した曲は、そのほとんどが変拍子や複雑なリズムを用いています。そのため、「ティモさんは変拍子や複雑なリズムの曲が好きなんですね」とよく言われます。実のところ、櫻井は変拍子や複雑なリズムが苦手です。しかし、「自分がもっともパフォーマンスできる楽曲はなにか」、また、「どんな楽曲が求められているか」を考えると、「一番結果を出せるのはドラマーらしい楽曲である」という見込みがありました。『Dingle Dangle(※外部リンク)』はその典型で、ドラムのフレーズを重ね録りし、それぞれのフレーズに音程を適当に当てて作った曲です。この曲は大学時代に作った曲の中で最も大きな反響があった曲となりました。逆に、個人的に一番好きな曲である『Ms. Silver(※外部リンク)』、びっくりするほどウケが悪かったのです(試験でも最低評価でした)。4拍子のいたって平凡のバラードですから、「他にもっと良い曲がある」あるいは「単純につまらない曲」というのが客観的な評価なのでしょう。

曲を作るうえで最も大切なことは、「曲を作っている間」は作曲家ではない、と自覚することだと思います。曲ができて初めて、作曲家は作曲家になれるのです。

【ティモ・ドラム・レッスン】
大阪 堺 なかもずの音楽教室
金曜日 土曜日 開講

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA