自作自演自己評価

Pocket

こないだ荷物の整理をしていたら、都内でライブハウス活動をしていた頃のDVD録画が出てきました。てっきり関東の家に置いてきたものだと思っていたのに、ちゃっかり持ってきているところ、なんだかんだ大切な思い出なのだと思います。高校を卒業した頃なので、だいたい6年くらい前の映像です。いろいろと衝撃がありましたが、一応他人事も含まれているので、今回は自分のドラムに焦点を絞ろうと思います。

最初に驚いたのは、ほとんどシングル・ストロークしか使っていなかったことです。フレーズも単調で、ドラムを始めて5年は経っているのに、テクニック的には1年目の初心者でもできるようなことしかやっていませんでした。そういえば、この時期はよく「引き出しが少ない」と指摘されていたような気がします。ただ、意外とシングル・ストローク・ロールが速く叩けているのにも驚きました。テンポ200くらいでも綺麗に決まっていて、正直、今の櫻井より上手いかもしれません。

ちょっと感心したのは、5枚くらいあったDVD録画の中で、一度もミスをしていなかったことです。正確には、ミスはしているのですがカバーが上手い。そして、全体通してテンポのぶれがほとんどありませんでした。もしかしたら、「ミスしない」「テンポ・キープ」を重視するために、テクニックのレベルを下げて、ある種の「完璧な演奏」を目指していたのかもしれません。毎回同じクオリティで演奏するのは、それはそれで凄いことかもしれません。ただ、見ていて心底つまらない演奏ではありました。上手い下手で言えば、「んー、まあ、下手ではないんじゃない?」と言われ、内心で「こいつは絶対上手くならないな」と評価されることでしょう。

正直に言うと、この傾向は今でもあります。昔から「上手く演奏しよう」という向上心より、「下手な演奏をしないようにしよう」という後ろ向き志向が根底にあるのです。これは、ドラムを始めた当初、周りがあまりにも上手い人ばかりだったことに起因しているのかもしれません。いくら上手くなろうとしても、周りには勝てない、なら違うベクトルで攻めよう、と考えていたわけです。結局、向きが違うだけで同じことなんですが、当時の櫻井はそのことに気がつかなかったようです。

余談。このブログを書きながら「ひょっとして」と思い、荷物の中を探したところ、櫻井が初めてステージでドラムを叩いた時のMD音源が出てきました。高校1年生の文化祭ライブです。これから聞くところですが、悶絶して死ぬかもしれません。アーメン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA