練習と勉強の違い

Pocket

どちらも自身を鍛錬する動作のことですが、まったく異なるものです。辞書いわく、練習は「一定の行動を反復して行なうこと」、勉強は「学問や技芸を学ぶこと」とあります。深く掘り下げる運動が練習で、幅を広げる運動が勉強と考えればわかりやすいでしょう。つまり、勉強なき練習はあり得ないということです。Aを練習しても、Bを鍛えることはできません。Bを練習するためには、Bを勉強しなければならないのです。

いわゆる「練習熱心な人」にありがちなのが「勉強不足」です。「今日はテンポ180の8ビートを3時間も練習した」といった具合に、自分が行なっている反復運動に満足してしまうケースが多いのです。学ぶ姿勢がなければ、いつまでも同じことの繰り返しです。同じことの繰り返しは、機械にもできます。

逆に、いわゆる「勉強熱心な人」にありがちなのが「練習不足」です。自分は知っている、その知識に間違いはない、という状況に満足しているのです。たしかに、知っていることは強みになります。しかしこれも、知っているだけなら機械にもできるのです。多くの場合、知識を活用するためには練習が必要です。いくらデータが豊富でも、検索できなければ意味がありません。


開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!


お問い合わせはコチラ!


無料体験レッスンのお申し込みはコチラへ!


※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA