歌を作って人にプレゼントする行為

Pocket

「制作した楽曲のあらゆる権利を譲与すること」ではなく、「受け手のために楽曲を制作する行為」のこと。受け手の名前を曲名にしたり、受け手のことや受け手への思いを歌詞にしたり、モチーフにして作曲したりする。特定の個人に向けて作詞・作曲するためか、ラブ・ソングになることが多い。一昔前には「自作曲をギターで弾き語ってテープに録音し想い人に渡す」という流行があったらしい。現代だと「自作曲をDTMで打ち込んで初音ミクに歌わせた音源をLINEやYouTuneを介して想い人に送信する」だろうか。

この「曲をプレゼントする」という行為、数あるプレゼントの中でも特に忌み嫌われていることだったりする。調べてみると、喜ぶどころか迷惑に思われることの方が一般的のようだ。詳しい理由は書いていなかったけれど、察するに「楽曲のクオリティが低い」「作品に対する評価をいちいち訊ねてくる」「自分のことを歌詞にしているのが恥ずかしい、もしくは、プライバシーの侵害にあたる」などが挙げられるのではないか。

櫻井は、櫻井のために誰かが曲を作ってくれたら純粋に嬉しく思う。もちろん、櫻井の住所を歌詞にして世界に配信していたりしたら怒るけれど、クオリティの低さは気にならないし、評価を訊ねてきた時は正直な感想を伝えるだろう(ただし、何度も同じことを言わせたら怒ると思う)。その曲によって櫻井のイメージが落ちるわけでもないし、置き場所にも困らない。あ、でも「曲をプレゼントしたいから時間作って」というのは御免こうむりたい。それはプレゼントどころか、相手の時間を奪う行為に等しい。

実を言うと、櫻井は誰かをモチーフにして作曲することが非常に多い。最初に考えるのが音楽的アイディアで、そのアイディアから連想されるタイトルを同時進行で考えるのだけれど、その際に人物を思い浮かべることが多いのだ。数えてみると、ホームページに上げているだけでも、8曲中5曲が人名のタイトルだった(参考「ミュージック」)。プレゼントしたわけではないけれど、モチーフになった友人たちは迷惑しているかもしれない。どんまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA