時間どろぼう

Pocket

ミヒャエル・エンデの童話「モモ」に出てくる登場人物。原作も読んだし映画も見たけれど、どういったキャラクターだったか、正確な説明はできない。というのも、櫻井が中学生のころに学校行事でこの本を原作にした演劇をしたことがあり、その印象が強烈に残っているせいでオリジナルのイメージをあまり覚えていないのだ。その演劇で櫻井が演じた役が、時間どろぼうだったのである。よって、以降の内容は必ずしも原作に則ったものではないことを注釈しておく。

時間どろぼうは悪役である。どんな悪いことをするかと言えば、名の通り「人の時間を盗む」のだ。盗むといっても強引に奪うのではない。言葉巧みにそそのかすのである。たとえば、とある床屋の店主には、

「あなたはまず、仕事中のおしゃべりをやめることができる。あなたが1日にお客さんと話している時間を30分節約すれば、1年で10,950分、20年で13,140,000秒も貯められる上に、利息が上積みされるのです。それから、朝晩に介護している母親を老人ホームへ預ければもっと時間を貯められる。いいですか、今すぐに時間を貯蓄しないと、あなたはどんどん損をしていくのです」

このようにして人の時間を集め、時間どろぼうは自身の「時間銀行」に貯蓄していくわけである。時間どろぼうに時間を騙し盗られた人たちは黙々と仕事をし、コミュニケーションも取らず、ひたすらに時間を節約し始める。心に余裕なく生きているところへ主人公のモモがやってきて「なんのために生きているの?」と問いかける、というのがあらすじである。

なんて格好良い悪役なのだ、と思った。手法が知的というか、理に適っている、と感じたのだ。時間を集めている目的もあり(物語終盤で明かされる)、台詞のひとつひとつに信念が見える素晴らしいキャラクターだった。やっているのは詐欺で悪いことのため、結果として時間どろぼうは間違っているわけだけれど、強い意志を持っている人は大変魅力的である。

ちなみに、現実世界に時間銀行はなく、時間は貯蓄できないけれど、時間どろぼうは存在する。たとえば、待ち合わせに5分遅れる人は、待っている相手の時間を五分奪っているのである。これは詐欺というか、強盗に近い。手法も野蛮で大した目的もない上に、誰も得しない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA