星のように…つつみ込むように…そばにいて…

Pocket

川柳ではない。「星のように…」「つつみ込むように…」「そばにいて…」は、タイトルが3点リーダー(…)で終わるMISIAの楽曲である。リリース順に並べると「つつみ込むように…」「そばにいて…」「星のように…」となるが、作詞作曲者も異なる(『つつみ込むように…』だけ違う)し、関連性はないように思える。強いて言えば、「つつみ込むように…」がリリースされたのが1998年で、その11年後の2009年にリリースされた「星のように…」の歌詞に「あれから10年が経った」という描写があるくらいだ。

3点リーダーは、無音状態を表現した文字、あるいは文章の省略を意味する。「そばにいて…」の「いて」は動詞「居る」の連用形「居」に助動詞「て」がついた言葉であるため、その後につく用言が省略されているとわかる。「つつみ込むように…」「星のように…」の「ように」も助動詞「ようだ」の連用形だ。

ひょっとして、この3曲には同じ用言が共通して入るのではないか。後に続くのが「動詞」であれば、どれもしっくりくる。たとえば「愛する」「抱きしめる」「温める」などが挙げられる。ネックなのは「星のように」だろう。星につく動詞といえば「光る」「回る」「落ちる」などが代表的だが、どれも「つつみ込むように」「そばにいて」には当てはまらない。3つすべてに当てはまるのって何だろう。「隠れる」とか?

一応、命令や希望と解釈すれば言い切りの形になるため、無音状態を表現しているとも捉えられる。「そばにいて…」はそれとなくロマンティックだけれど、「つつみ込むように…」は慎重な料理の先生みたいだし、「星のように…」は抽象的過ぎてよくわからないダンスの先生みたいである。

なお、小説や雑誌などの出版業界では「……」のように、2つ繋げて使用するのが原則なので、作家や編集者はこのタイトルを見ると添削したくてたまらなくなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA