新聞社の取材

Pocket

今年の夏、日本に帰ってきてからすぐに、朝日新聞社から取材のオファがあった。「ちょーすーぱードラマーで帰国子女なティモさんにインタビュー!」という依頼ではもちろんない。ところで「帰国子女」って男性に対しても使えるんかな。それはともかく、取材内容は「朝日奨学会のホームページをリニューアルしたいので、OBの声が欲しい」ということだった。まえまえから疑問なんだけど、なんで卒業生のことをOBって言うん? オフィス・ボーイズの略やないの? それもともかく、そう、櫻井は専門学校時代、新聞配りながら学校へ行っていたのだ。もちろん、仕事中に学校へ寄っていた、という意味ではない。

取材を受ける前は、「どうせ『新聞配達は辛かったけど、周りのみんなのお陰で頑張れました!』みたいな台詞を言わされるんだろうなあ」と思っていたのだけれど、つつがなく、言いたい放題言わせていただいた。櫻井が言いたかった本質を、実にわかりやすく記事にまとめてくださっている。動画も撮ってもらった。しどろもどろな櫻井の喋りを、さも流暢にぺらぺーら喋っている風な編集が施され、「カットって素晴らしいな」と思わせる動画なのだけど、今確認したら撤去されていた。何か不都合でもあったのだろうか。どちらかと言えば、Tシャツに書いてある言葉の方がきわどい。ぜひ一度ご覧あれ。

リンク:【大阪朝日奨学会OBインタビュー】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA