恐怖症

Pocket

ある特定のシチュエーションや物体などに対し、過度の恐怖を抱く症状のこと。中でもポピュラーなのは、高所恐怖症だろう。本来であれば「デパートの高層階へ行けない」や「階段の昇り降りができない」といった日常生活に支障をきたすレベルの症状のことを指すけれど、「ちょっと高いところが苦手」くらいの理由で「高所恐怖症」と言う人も多い。櫻井は「鳥山明恐怖症」といったところか(参考『苦手なもの』)。

○変わった恐怖症

櫻井が通っていた音大には、少し変わった恐怖症を持った先生がいた。普通に日常生活を送っている人なので、ジョークと思って聞いていただきたい。彼はピアニストで、分数コードのⅤ/Ⅰが苦手なⅤ/Ⅰ恐怖症だった。

Ⅴ/Ⅰとは、ルートの上に5度の3和音を積んだコードのことである。たとえば、ルートがCであればGメジャーを積む。

Gメジャーの構成音はG、B、Dで、ルート(C)との関係は5th、M7th、9thとなり、調性はCM9に近く、トニック・コードとして使える(スケールもイオニアン・スケール)。ちなみに、ヴァン・ヘイレンの『JUMP』の最初のコードがⅤ/Ⅰだそうだ。参考までに。

○恐怖は判断ではなく本能である

その先生は、M9コードは平気なのに、Ⅴ/Ⅰは我慢ならないという、筋金入りのⅤ/Ⅰ嫌いだった。櫻井からすれば大した差は感じられないのだけれど、苦虫を噛みつぶしたような顔をしながら演奏されていたので、「聞き分けている」というより「身体が反応している」のだろう。ちなみにこの話を聞いた他の生徒たちは、これでもかと言わんばかりにⅤ/Ⅰを混ぜて演奏し、面白がっていた。

実は櫻井にも1つ、変わった恐怖症がある。現金恐怖症だ。特に、額面が高くなればなるほど恐怖心が増す。「いきなり万札を投げつけられたら」とか、「知らぬ間にかばんの中が札束でいっぱいになっていたら」とか、想像するだけで卒倒しそうになる。おお、こわいこわい。ここいらで、今度は高いギターがこわい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA