心の在り様と音楽愛

Pocket

こないだYouTubeで、高校の頃に聞いていた邦楽バンドのライブ映像を色々と見ていた時のこと。ミスチルの「Not Found」だったり、スピッツの「冷たい頬」などは、最近のライブでも演奏されているようだった。どちらの曲も、リリースされたのは15年ほど前のこと。多少アレンジしているとはいえ両バンド共に、15年もの間ずっと同じ曲を演奏していることになる。

櫻井が初めてバンドで作曲したのはドラムを始めて半年ちょっとの頃で、10年くらい前のことだ。作った当時は「良い曲ができた!」とウハウハだったけれど、今じゃ恥ずかしくて聞けないくらい稚拙な曲だった。ちなみに、ジャンルはパンクである。オープンコードをストラトのクリーントーンでじゃかじゃかやってあたりが一番パンクだったと思う。

そんな自分の体験と比べるのは甚だおこがましいのだけど、自分が10年以上前に作った曲を当時のエネルギを維持したまま演奏し続けるなんて、正気の沙汰ではない、と思ったのだ。途中で飽きるだろ、と。ストーンズなんてもう半世紀近く「Jumpin’ Jack Flash」をやってるし、そらドラッグに手を出したくもなるわ、と。

正気の沙汰ではない、とは言ったが、これは非難ではなく、むしろ敬服に近い(ドラッグはどうかと思うけれど)。最近演奏していて常々感じるのは、いくら実力をつけたとしても、最終的に良い演奏ができるかどうかは心の在り様によって決まる、ということだ。その点、すごい人は常軌を逸して「音楽愛」を持っているんだな、と思う。

さりとて、同じ曲をずっと演奏し続けることだけが音楽愛ではない。新しい音楽を日々創り続けるのも音楽愛だし、広い話、ライブの音響や照明、販売や広告など、音楽に関するものすべてに音楽愛は関係している。共通して言えるのは、「音楽を愛し続けている」ということ。愛とはすなわち、忍耐である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA