弱い犬ほどよく練習する

Pocket

ミュージシャンがFacebookやTwitter上で、「まだまだ練習が足らない」「今日は〇〇を××時間練習した」といった「練習に関するつぶやき」をしているのをよく目にします。どういった意図があってそういう投稿をするのか、理由はわかりませんが、もし「練習は格好良いこと、誇らしいこと」という思惑があるなら注意が必要です。「練習する」というのは格好悪いことであり、恥ずべきことだからです。

そもそも練習とは、「できないことをできるように訓練すること」です。つまり「練習が必要だ」と言うのは、「できないことがあります」と自分の未熟さを言い表していることになります。謙遜な姿勢は評価されるべき点かもしれませんが、「練習する」というのが劣っている者の行為であることは間違いありません。

櫻井はよく、教師からも生徒からも「お前はよく練習している」と言われています。言っている当人は褒め言葉のつもりで言っているのかもしれませんが、正直、櫻井はどう反応すればよいかわからないのです。たしかに、櫻井は大学の中で最も長い時間集中して練習している生徒かもしれません。それはつまり、大学の中で最も劣った生徒である、ということなのです。「練習が好きなんだね」と言われることもありますが、練習しないでいいのならどれほど素晴らしいことでしょう

「練習が楽しい」と思っている人もお気をつけください。楽しいと思った時点でそれは練習でなくなっている可能性があります。自分の未熟さと対面するのですから、恥ずかしいとか、イライラする、呆れる、退屈といったネガティブな感情が起こるのが普通です。これは個人に限らず、バンド、アンサンブル練習にも共通します。「楽しむな」という意味ではありません。適度に楽しむことは大事ですが、その間は上達しないということです。

練習したかどうかは重要ではありません。できるかできないか、それが問題です。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA