引退について

Pocket

櫻井は高校入学と同時にドラムを始めたので、ドラム歴は17年目に突入しようとしている。これまでに何度か考えたことはあったけれど、そろそろ本気で引退について考えなければならない時期だろう。

櫻井にとっての引退は2種類あって、1つはライブやレコーディングなどの演奏業の引退である。これについてはもう半分以上引退している。ジャズは好きなのでもう少し続けると思うけれど、長くてもあと20年くらいだろう。そのころにはギターが上達しており、「それとなくドラムも叩けるギタリスト」になっている予定である。

演奏業とはちょっと違うけれど、教会の賛美隊は続ける可能性がある。必要とあれば奉仕に参加したいと考えているけれど、櫻井よりも若く優秀な人材が多いので、おそらくジャズよりも引退は早いだろう。

もう1つの引退は講師業の引退である。「仕事とはすべからく辛く苦しいものである」と考えていた櫻井にとって、講師業はずっと続けていたい職業である。基本的に人嫌いなので、働き始める前は「ストレスとの戦いになるだろうな」と覚悟していたのだけれど、いざ始めてみると申し訳なくなるほど楽しく働かせてもらっている。

体力がある限り、続けたいとは願っているけれど、櫻井が引退する前に櫻井が雇われなくなる、あるいは音楽教室自体の需要がなくなる可能性が高い。ひょっとしたら、演奏業よりも前に引退しなければならなくなるかもしれない。

以前にも書いた通り、引退したらブログや各種SNSをすべて辞めるつもりでいる(参考『ブログを書き続ける理由』)。前もって告知もしないので、いつのまにかホームページが消えていたら「引退したんだな」とお察しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA