左右で別々のドラム・スティックを持つスタイル

Pocket

ドラム・スティック(以下、スティック)は2本1組で、同じ規格のスティックを左右の手でそれぞれ持つのが普通である。しかし、「スティックは、片方だけ長かったり太かったりしてはならない」というルールがあるわけではない。Vater社の青山純モデルのように、左右で異なる規格のスティックがペアになった商品もある(参考『VATER ベーター ドラムスティック 青山純モデル リズム・スティック VHRSW 【国内正規品】』※外部リンク)。

左右で別々のスティックを持った際、どういった効果が得られるか。

【メリット】

○サウンドの幅が広がる

たとえば、一方をナイロン・チップ、もう一方をウッド・チップという組み合わせにしておけば、左右のスティックを持ち替えるだけで音色を大きく変えられる。メロ部分では繊細に、サビ部分できらびやかに、といったアプローチができるわけだ。手前にあるハイハットを叩く時は短いスティック、少し遠くにあるライドを叩く時は長いスティック、なんてアイディアもある。

○利き手でない方のトレーニングになる

右利きの場合、利き手でない左手はスネアを使った演奏が中心となる。すると、右手に比べて叩く回数も少なくなり、おざなりになりやすい。そこで、左手側のスティックを太く長いモデルにして、あえて負荷をかける。扱いづらいモデルを使うことで、意識を左手に向けるわけだ。

【デメリット】

○コストがかかる

一般的な使用方法にならって、スティックは2本1組で販売される。そのため、左右で規格の違うスティックを使うためには、最低でも2ペア(4本)買う必要がある。また、シンバル類を叩くことが多い利き手側のスティックは消耗が激しいため、交換する頻度が高い。いわゆる「大人買い」をして単価を下げたところで、利き手側でない方のスティックは余ってしまう。シャンプーとコンディショナーのような関係である。

○スティックを落とした時のフォローが利かない

左右で同じスティックを使っている場合、片一方が落ちたとしても、もう一方でフォローが利く。特に、利き手側のスティックが落ちた場合、素早く持ち直せば融通が利くのだ(参考『右手1本でどれだけドラムを叩けるか』)。ところが、左右で異なる規格のスティックを使っているとそうはいかない。音色もフィーリングも変わってしまい、演奏に集中できなくなるだろう。

○両手の粒が揃いづらい

左右別々のスティックを使って異なる音色を奏でればサウンドの幅が広がると書いたが、裏を返せば「連打した際に音が均一にならない」ということである。特にシンバル類の粒が揃わないのは致命的だろう。「味のある独特のフレーズ」という解釈もできなくはないが、個性的である故に汎用性は低い。

以上。おとなしく同じスティックを使うのが無難である。強いて効果的な活用法を挙げるなら、同じ規格で色違いのスティックを使うのは面白いかもしれない。しかし、ラッカーによってグリップの具合も変わってくるため、同じモデルだったとしても「同じ規格」で揃えるのは少々困難かもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA