寿限無を叩いてみた

Pocket

寿限無(じゅげむ)とは、落語の最も有名な演目の1つ。子どもが生まれたので何か良い名前はないか、と話が始まり、ありとあらゆる「ありがたい名前」が挙げられていく。最終的に「挙げられた名前をすべて繋げてしまおう」ということになり、つけられた名前がこちら。

寿限無寿限無
五劫(ごこう)の擦り切れ
海砂利水魚(かいじゃりすいぎょ)の水行末(すいぎょうまつ)雲来末(うんらいまつ)風来末(ふうらいまつ)
食う寝る処(ところ)に住む処
薮(やぶ)ら柑子(こうじ)の薮柑子(ぶらこうじ)
パイポパイポパイポのシューリンガンシューリンガンのグーリンダイグーリンダイのポンポコピーのポンポコナーの長久命(ちょうきゅうめい)の長介(ちょうすけ)

ありがたい名前とはいえ、こんなに長かったら大変だ、という笑い話である。ちなみにこの名前、やろうと思えば戸籍に登録できる名前である。使用できる文字に制限はあるが、文字数にはそれがない。ひらがなもカタカナも使えるし、上記の漢字はすべて常用漢字に含まれる。ただし、名付けられた当人が変更を申し出た場合は、それが認められる可能性が極めて高い(名前の変更には「正当な理由」が必要で、「長すぎる」がこれに該当する)。さらにちなむと、その変更手続きには700円くらいかかる。

さて、この「寿限無(略)」は言葉遊びとしても秀逸で、非常に語呂が良い。16分音符をベースに8小節内でまとめてみた。

jugemu

実際に歌ってみると、こうなる。

解説すると、最初の2回はインテンポ(16小節)で、次の2回はダブル・タイム・フィール(8小節)で歌っている。手で叩いているのは、インド音楽で用いる「アジタラ」と呼ばれる手拍子パターンである。

このリズムをドラムセットに適用する場合は、まずスネアだけで演奏し、次にアクセント部をタムやシンバルで演奏するなどして移動に慣れておくと応用しやすい。次の動画では右手をフロア・タム、左手をハイ・タムに移動して演奏している。

16分音符の色んなエッセンスが詰め込まれているので、良い練習になると思う。いないと思うが、練習したい人のためにPDFを用意した。参考までに。

寿限無PDF(クリックでダウンロード)

最後に、8バースのファンク・ソロを想定し、応用したものがこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA