学ぶべきでないもの

Pocket

「反面教師」という言葉がある。「どんなに悪い見本であっても学べるものはある」という姿勢を表した言葉だ。悪と正反対のベクトルに従えば正義になる、という考えが根底にあるのだろう。しかし、それは真理だろうか。

たとえば、「銀行強盗が必ず成功する方法」というものがあったとしよう。銀行強盗は他人の財産を略奪する行為であり、紛うことなき犯罪、悪である。果たしてこれを反面教師にして学べるだろうか。警察や政府といった組織(団体)なら可能かもしれない。しかし、個人の手に渡れば必ず悪用される。この場合の最良は「関わらない」になるわけだ。

銀行強盗は明らかな犯罪だけれど、境界が曖昧なものは多い。不倫は不貞行為であるため民事責任を問われるが、犯罪ではない。では、「不倫を起こさないため」「不倫の被害にあわないため」という理由で、不倫の手法やエピソードを学ぶのは反面教師だろうか。

「どんなことでも勉強になる」という考え方がある。本を読む、旅をする、人とコミュニケーションをとる、あらゆる経験が学びとなり、活かされると信じている。本を読まない、旅をしない、人とコミュニケーションをとらない、というのも経験だと思うのだけれど、こう考えるのは少数派のようである。少数派の考えは、学ぶべきでないものだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA