右利きなのに左手で箸を使う理由

Pocket

櫻井は右利きである。ギターを構えるのも右だし、ドラム・セットも右利き用のセッティングだ。バットを振るのも右側で、ボールを投げるのも、ラケットを持つのも右手である。例外は表題に書いたとおり、箸やスプーンなどの食器類だ。よくレッスンで「ハイハットは右手、お茶碗持つ方ね」と言ってキッズたちを困惑させている。

昔から左手で箸を使っていたかというと全然そうではなく、20歳をゆうに超えた専門学校時代からだ。当時ドラムを習っていた講師の1人から「左手を鍛えるために、明日から左手で飯を食え」というお達しを受けたのがきっかけである。以来、10年近くずっと左手で箸を使い続けている。

ハッキリ言って、左手で箸を使ってもドラムは上達しない。ドラムが上手くなりたいなら、ドラムを叩く以外に道はない。櫻井が左手で箸を使い始めたのは、ドラムを上達させるためではなく、その講師に対して忠実でありたかったからだ。教えを乞う立場として師に従うこと、その姿勢に価値を見出したわけである。

不器用な櫻井にしては珍しく、比較的スムーズに使えるようになったのも長続きした要因だ。一時期はペンも左手で使っていたけれど、「横書きの際に書いた文字を確認できない」というデメリットが大きくてやめてしまった。

経験してみればわかるけれど、左手で道具を使うこと自体はそこまで難しくない。どちらかと言えば「茶碗を持つ」「紙を押さえる」といった左手のアクションを右手で行なうのが難しい。そういえば以前、左利きのセッティングでドラムを演奏した時も、最も苦戦したのがハイハット・ペダルだった。

利き腕の活躍が目立つけれど、そうでないものの働きは大変偉大である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA