共演してみたいアーティスト

Pocket

かの有名なギタリスト、ラリー・カールトンがインタビューで「1度でいいから、マッコイ・タイナーと共演したい」とおっしゃっていた。「マッコイと一緒に演奏すれば、何か見えてくる気がする」だそうだ。どうやらラリーはジョン・コルトレーンのファンであるらしく、長年ジョンと演奏してきたマッコイと共演できれば何か発見があるはずだ、と思っているようだった。

共演したいアーティストは誰だろう、と櫻井も考えてみた。チャーリー・パーカーやバド・パウエル、ビル・エヴァンスなど、挙げればきりがないけれど、一番はセロニアス・モンクとチャールズ・ミンガスだと思う。どちらかと言えば作曲家として有名な彼らだけど、どういった過程で音を紡いでいるのか、リアルタイムで感じられたら最高にハッピーだ。純粋に演奏を楽しむのであれば、ウィントン・ケリーとポール・チェンバースかもしれない。ただ、これらのアーティストはいずれも亡くなっているため、今後も共演することはない。よしんば生きていたとしても、全盛期の演奏や発想は得られないだろう。

最近のアーティストに限定するなら、ケニー・ウィーラー、ジョン・アバクロンビー、デイヴ・ホランドの3人だけれど、デイヴ以外の2人はつい最近に亡くなっている。今年の初めに「デイヴ・ホランド死去」というニュースを見た時は「とうとうデイヴも亡くなったか」と思ったけれど、同姓同名のドラマー(ジューダス・プリースト)だった。

日本人だと木住野佳子以外、思いつかない。櫻井が唯一、生で演奏を聞きたいと思ったアーティストだ。ルイス・ナッシュのようには叩けないけれど、彼女と「Beautiful Love」を演奏できれば「ドラムをやっていて良かった」と思えるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA