何でドラム・セットは作られるか

Pocket

ある番組でタモリさんが、派手なカラーリングのドラム・セットを見て「これ、陶器(製)?」と質問していました。ドラム・セットは普通、木製ですが、非常に一般的な感覚で感心しました。「ドラム・セットは普通、木製である」と知っている方が少数で、特異なのではないでしょうか。

世界にはいろんな木材があり、ドラム・セットに使われる木材も様々です。原産地やメーカーの製造方法、パーツによっても大きく変わってきますが、木材の性質がそのまま音になります。軽い木材は軽い音で鳴るし、硬い木材は硬い音で鳴ります。「軽くて硬い木材」の代表例は「メイプル(かえで)」。ドラム・セットに用いられている木材の中では最もポピュラーなものですが、メジャーになったのは90年代に入ってからで、割と最近なんです。それ以前の80年代は「バーチ(かば)」という、メイプルとは対照的な「重くて柔らかめの木材」がメジャーでした。「柔らかめ」と言っても、木材の中ではバーチは硬い部類に入ります。どうも柔らかい木材はドラム・セットには向いていないようです。音に問題があるというより、耐久性に問題があるのでしょう。

他にも「ブビンガ(まめ)」「オーク(なら)」は「重くて硬い木材」なので、メーカーは「メタラーにオススメ!」と推しています。どちらも00年代になって台頭してきた木材です。ブビンガは巨木ですし、オークは比較的安価なので、不景気の中、メーカーはコスト・パフォーマンスの良い木材を売りたいのかもしれません。逆に「軽くて柔らかい木材」には「ポプラ(もくれん)」が挙げられます。これは60年代に流行った木材ですが、当時の技術ではメイプルと組み合わせないと成型できない軟弱な木材でした。

木製じゃないドラム・セットもあります。ステンレス・スチールやチタンなどの金属製もありますし、アクリル製のドラムもあります。アクリル製は透明(半透明)のシェルで見た目のインパクトが人気ですが、音質面では木材にとって代われるようなものではないとされています。残念ながら、陶器製のドラムは聞いたことがありません。仮にあったとしたら、叩いた衝撃ですぐにヒビが入るか、粉々に割れるのではないでしょうか。ドラム・ソロの後にドラム・セットを放り投げる某コルセットドラマーにぜひ使って頂きたいものです。普段使っているアクリルセットより、ずっとインパクトのある画が撮れることでしょう。

【ティモ・ドラム・レッスン】
大阪 堺 なかもずの音楽教室
金曜日 土曜日 開講

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA