今まで演奏してきた中で最も難しかった曲

Pocket

◯Hosanna(カーク・フランクリン)

10年くらい前に教会のクリスマス礼拝で演奏した楽曲。それまでは難しい曲があっても「そのうちできるようになる」と楽観できたのだけど、「未来永劫、できる気がしない」と初めて絶望した曲である。専門学校に通い、「リベンジする時がきた」と卒業試験の自由曲にこの曲を選んだけれど、見事に叩けなかった。もちろん、今も叩けない。

◯No Class(ケニー・ワーナー)

大学の課題曲の1つで、限りなくフリー・ジャズに近いけれど、ぎりフリー・ジャズじゃない、という不思議な楽曲。ドラムはリズムを刻む楽器なので、カウントさえとれればどんな楽曲でもある程度対応できるのだけれど、前述の「Hosanna」とこの曲ばかりはいまだにカウントを取れない。ジャズの曲なので、誤魔化しやすいのがせめてもの救いである

◯Four Winds (デイブ・ホーランド)

専門学校時代に講師から勧められたジャズの楽曲。ほぼ1小節ごとに拍子が変わっていくため、非常にカウントしにくい曲。教えてもらった当時はまるで歯が立たなかったけれど、今はかろうじて叩けるようになった。ソロはフリー・ジャズになるし、先に書いた2曲に比べるとだいぶ易しい曲である(というか、先の2曲があまりに難しすぎる)。

以上。まだまだ難しい曲はいっぱいあると思うけれど、パッと思いついた「トラウマ曲」はこの3曲である。当時は今より技術もないし、耳も悪かったのに、よくもまあ誤魔化せたな、と感心する。いつかリベンジする機会はあるだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA