レギュラー・グリップ

Pocket

ドラム・スティックのフォーム(握り方)の一種。ドラム・スティックの握り方というと、左右の手で同じ持ち方をする「マッチド・グリップ」が一般的です。マッチド・グリップの中でも、手の甲が上を向く「ジャーマン・グリップ」、親指が上を向く「フレンチ・グリップ」などの種類がありますが、いずれも手が左右対称の持ち方をしているのが特徴です。

■ジャーマン・グリップ
image

■フレンチ・グリップ
image

いっぽう、レギュラー・グリップは、右手(利き手側)はマッチド・グリップの持ち方をしますが、左手(もう一方の手)は親指と人差し指の根元でスティックを固定し、手の上に載せるようにして持つため、左右非対称になります。

■レギュラー・グリップ
image

Regular(標準)」という名前のわりに、このフォームを用いるのはジャズ・ドラマーくらいで、ほとんど流行っていません。では、なぜレギュラー・グリップという名前がついているのでしょうか。もともとドラムという楽器は、スネア・ドラムのような単数の太鼓を指していました。今のドラム・セットのように複数の太鼓を用い始めたのはここ100年くらいで、比較的最近のことなのです。それまで単数の太鼓を演奏する際には、左手の持ち方、いわゆる「レギュラー持ち」が適しているとされ、長く使われてきたため、レギュラー・グリップという名称になったのです。現在はマッチド・グリップの方が標準なので、そろそろレギュラー・グリップは「トラディショナル・グリップ」と改名すべきかもしれません。

レギュラー・グリップは、スティックを下からすくうようなフォームのため、「バウンドを拾いやすい」というメリットがあるとされています。逆に、腕の重みを利用しにくいフォームであるため、「パワーが出にくい」というデメリットが挙げられることがあります。「バウンドが拾いやすいなら、両手レギュラー持ちにすれば良いのでは?」と思うかもしれませんが、スネアだけならともかく、複数ある打面に高低差や距離のあるドラム・セットでは、レギュラー持ちは叩きにくいのです。そして、後者の理由が致命的で、現代のポピュラー音楽を演奏するには、どうしてもパワー不足になってしまうのです。ある程度コツを掴めばそれなりにパワーも出せるのですが、マッチド・グリップの方が容易く、かつ大きな音を出しやすいのです。つまり、音楽的にはマッチド・グリップにしないメリットがないのです。

レギュラー・グリップがマッチド・グリップに勝る点があるとすれば、「見た目」ではないでしょうか。前述の通り、レギュラー・グリップはジャズ・ドラマーに多用されているフォームです。聞き手側としても「ジャズ・ドラム=レギュラー・グリップ」というイメージを持っている人は多く、様式美として浸透しているのです。また、櫻井が通っていた大学の先生は、ビ・バップなどのジャズを演奏する時に「(演奏に)気持ちが入る」という理由だけでレギュラー・グリップを使っていました。このことからレギュラー・グリップは、ギターでいうところの「長いストラップ」にたとえられるのではないでしょうか。短いストラップの方が圧倒的に演奏しやすいですが、長いストラップの方が(一部ジャンルにおいて)格好良いとされています。

レギュラー・グリップを使う際に最も心がけなければならないことは、「マッチド・グリップと同じ音を出す」ということです。たとえば、ロック音楽などのパワーが求められるジャンルでレギュラー・グリップを使い、左手のバック・ビートが弱くなってしまうと、いくら見た目が格好良くても、音楽的に死んでいます。


開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA