メトロノーム・トレーニング

Pocket

メトロノームとは、音や光などによって正確なテンポを発生する機械や器材の名称、あるいは、それによって生じた音や光そのものを表す。『時間芸術』と称される音楽にとって、メトロノームは人類共通の基準である。この基準を理解できないと、安定した演奏はもちろん、いわゆる「前ノリ・後ノリ」や「なまり」といった表現もできない。枠に捕らわれないためには、枠を知る必要があるのだ。

通常、メトロノームは拍子のオモテ拍(4/4拍子なら1、2、3、4)を想定する。これを「メトロノームをオモテ拍に聞く(置く)」や「(メトロノームの)オモテ取り」と言う。

オモテ取り

重要なのは、「演奏がメトロノームと完全に一致した時、メトロノームの音が聞こえなくなる」ことである。楽器の音量が小さくても、タイミングさえ合えばメトロノームの音は消える。この「メトロノームを消す行為」こそ、メトロノーム・トレーニングの真意である。動画の櫻井のようにならないように注意されたし。

このオモテ取りがメトロノーム・トレーニングの基本になる。以下にそのバリエーションを列挙していくが、いずれも『○○取り』という名称で、『○○』の部分には「メトロノームを聞く位置」が入る。

○2・4取り

たとえばテンポ100の4拍子の場合、テンポを半分の50にしてメトロノームを鳴らすと1拍目、3拍目だけが鳴った状態と考えることができる。

二四説明

これを1拍ずらして2拍目、4拍目にメトロノームを聞く。8ビートなら、バック・ビート(スネア)の位置にメトロノームが鳴る。

二・四取り

○8分音符のウラ取り

8分音符のウラ拍とは、「1と2と3と4と」の『と』の部分のこと。元のテンポからメトロノームを半拍ずらして聞く。いきなりリズム・パターンを演奏しようとすると難しいので、まずは1拍目、3拍目にキックを踏んで、メトロノームが完全にウラ拍で聞こえるようになろう。

八分音符のウラ取り

○3連符の3つ目取り

いわゆる『8分音符のハネ(シャッフル)』のウラ取り。元のテンポから3分の2、つまり、3連符2つ分後ろにずらして聞く。前述の「8分音符のウラ取り」と、後述の「16分音符の4つ目取り」などと混同しやすいので注意。

三連符の三つ目取り

○16分音符の4つ目取り

元のテンポから4分の3、つまり、16分音符3つ分後ろにずらして聞く。8ビートではハイハットとハイハットの間にメトロノームが聞こえるようになる。キックとバック・ビートの直前にメトロノームが鳴る、という感覚を掴めれば安定しやすい。

十六分音符の四つ目取り

○3連符の2つ目取り

3連符の2つ目、つまり、真ん中でメトロノームを聞く。どちらかと言えば、キックとバック・ビートの直後にメトロノームが鳴る、という感覚に近い。これも8分音符のウラ取りなどと混同しやすいので注意が必要。

他にも『16分音符のウラ取り(2、4つ目)』、『6連符の6つ目取り(16分音符のハネのウラ取り)』など、多数バリエーションがある。ドラム中心に話を進めたけれど、もちろん他の楽器でも適用できるトレーニングである。

PDFはコチラ。
「メトロノーム・トレーニング」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA