ミュージシャン専用車両

Pocket

今も昔も電車通勤をしている。車内では足りない睡眠を補えるし、読書もできる。こうしてブログを書いたり、レッスンで使う曲をコピーしたりするなど、たまった仕事の補填にあてることだってできる。音楽理論の勉強をしていたこともあるし(参考『平成の二宮金治郎』)、櫻井にとって通勤時間は貴重な自由時間なのだ。

そんな通勤時間にも、できないことがある。楽器の演奏だ。上手い下手に関わらず、車内での演奏は迷惑行為である。もし通勤中に楽器が弾けるなら、通勤によるストレスが皆無になるどころか、遠方地への転勤を申し出る人が急増するのではないか。

そこで今回は、全国区でミュージシャン専用車両の導入が決まったらどうなるか、考察してみたいと思う。ひょんなことから櫻井が総理大臣になる可能性だってある。今のうちに備えておこう。

○「ミュージシャンだけ特別扱いするな」という批判を受けて「騒音者専用車両」に名称が変わる
その年の流行語に「騒音者」がノミネートされ、広辞苑に新語として登録される。

○ラッシュ時は混雑して演奏どころではない
駅員に押し込められた衝撃で楽器が破損する事故が多発する。

○音漏れが原因で隣の通常車両が「半騒音者車両」と化する
モラルの欠如により、最終的に全車両で楽器演奏が黙認される。

○移動目的でなくスタジオ代わりに乗車する人が現れる
終点になっても電車を降りない乗客が問題になる。

○「TRAIN-TRAIN」を弾く輩が必ずいる
若者で知っているのは「太鼓の達人」経験者くらいである。

以上。グリーン車のように有料の特別車両にする案もあったけれど、騒音であることに変わりはないので問題はなくならないだろう。

馬鹿みたいな空想を語ったけれど、一部のミュージシャンは「路上ライブ」と称してこの迷惑行為を正当化しようとしている。微笑ましい限りである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA