ミスすると笑ってしまうのは何故か

Pocket

10歳未満の生徒様には「ミスすると講師や同席している保護者を見る」という傾向がある。たまたま視界に入っているだけかと思いきや、身体をねじって積極的に顔を向けたりする。はじめはわざとやっているのかと思ったけれど、どうやら自然とそうなってしまうらしい。ミステリー作品でよくある、衝動的犯行に手を染めた犯人が辺りを見渡す姿に似ているけれど、後ろめたさがあるわけでもないようだ。事実、大抵の生徒様は笑顔を浮かべている。

大人の生徒様も、ミスした時は笑顔になる人が多い。笑って誤魔化しているわけではなく、これもやはり自然発生しまう特性らしい。櫻井自身、ミスした直後は反射的に笑ってしまう。ミスした自分を滑稽に思っているわけではないし、ミスしたフレーズが突飛で笑えるというわけでもない。もしそうなら、自分1人で練習しているときだって笑ってしまうはずだ。つまり、ミスした時に笑うのは他人の存在を意識した動作であることがわかる。

本来ミスとは笑って済まされることではないのだけれど、人は自分の犯した失敗によって生じた緊張を和らげるために笑うことがある。いわゆる「照れ笑い」だ。身を守るための本能的防衛であって、ふざけているわけではない。もしもミスをミスと思わず、相手になんら迷惑をかけていないと考えているなら、ミスしても緊張しないゆえに笑わないだろう。罪を罪として認めないと赦されないように、ミスの自覚がなければミスを直すことはできない。ミスをして笑うのは、むしろ良い兆候であると言える。

ミスをしても笑えないのは防衛が働いていない状態であり、身にかかる負担も大きい。ミスをして笑ったことに対し、「何がおかしい」「真面目にやりなさい」と叱ってしまうと、生徒様は極度のストレスにさらされる。ストレスは悪いものではないが、これがずっと続くとモチベーションも下がるし、最悪心の傷になりかねない。表向きは笑っていても、心の中ではミスを悔やんでいるのだから、追い打ちをかけるのではなく、一緒になって笑い、励ましてやるくらいがちょうど良いのではないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA