プロとアマの演奏の違い

Pocket

プロは「熟練者」という意味の「プロフェッショナル(professional) 」、アマは「素人」という「アマチュア(amateur) 」の略称である。この2つを比較するためには、まず、「プロとは何か」「アマとは何か」を定義しなければならない。「演奏が上手ければプロ、下手ならアマ」という風に演奏技術で比較されることが多いが、この場合「上手いとは何か」「どこまでが下手なのか」も定義しなければならない。演奏技術の良し悪しは個人の感覚であり、感覚は具体性に欠ける。具体性の欠けたものは明確化できないゆえに定義できない。よって、客観的に評価できるものによってプロとアマの違いを定められなければならない。

仕事における最大の客観的評価は「金銭」である。これは、ミュージシャンに限らず、すべての職業に当てはまる。その仕事によって対価を得ているかによって、プロかどうか決まる「生計を立てられるようになれればプロ」という定義もあるが、これだと学生のアルバイトはすべてアマということになってしまう。そこで今回は「継続した収入が1年以上続いていればプロ、そうでなければアマ」という定義で話を進めていきたい。

プロとアマの違いを収入の有無によって定義したが、両者の演奏にはどのような違いが見られるだろうか。 結論を言うと「大した違いはない」である。冒頭に書いた「演奏の上手い下手」に関しても、プロより上手いアマもいるし、アマより下手なプロはそれ以上に多い。「プロの演奏は人を感動させる」なんて錯覚である。そう、この点がプロとアマの演奏の違いなのだ。つまり、「プロの演奏は聴衆に幻想を抱かせる」のである。

別段上手いことをやっているわけでもないのに、聞いている人に「やっぱりプロは違う」などと勘違いさせる技術をプロは知っている。アマにもできるような単純な技術であるが、アマはその技術を知らない。頭で理解しているつもりでも実践できないのだから、知らないに等しい。どれだけ下手なプロでもこの技術だけは知っている。また、どれだけ上手くてもこの技術を知らなければプロにはなれない。その技術とは、「ミスへのフォロー」である。

まずプロは、ミスとは何か知っている。演奏中でも「ミスした」と状況把握できる。これくらいならアマでもできるかもしれない。しかしプロは、そのミスを聴衆に悟られないようにフォローできる。「フォローできるのは演奏技術があるからでは」と思うかもしれないが、演奏技術があるならそもそもミスなどしない。「ミスした」と状況把握できるアマがそのままミスしてしまうのは、ミスした後でフォローしようとするからだ。それでは遅すぎる。ミスする前にミスを予測し、その対処法を用意した上で演奏に臨み、実践できて初めて「ミスをフォローできた」と言える。

ミスをフォローできるようになれば、音楽でプロになるのは容易い。技術が上がれば上がるほど収入は増えていくだろう。しかし、大した金額にはならない。それは、ミュージシャンという仕事が他の仕事に比べ、ミスが許される仕事だからだろう。「音楽に命を懸ける」と口にするミュージシャンは多いが、実際に命を懸けているミュージシャンはほとんどいないし、ましてや、他人の命を預かる医者と同じスタンスでステージに立てるミュージシャンはいない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA