プライドの単位

Pocket

「プライドが高い」という言葉は、良く言えば「信念を持って意志を貫く」という意味になるが、大抵の場合は「頑固で融通のきかない」と、ネガティヴな意味で使われることが多い。今はどうかわからないけれど、櫻井が小学生の時は「プライドが高いと生きにくくなる」と学校で教えていた。柔軟な考えを持って皆と仲良くしましょうね、というのが一般的だったのだ。

しかし、この「プライドが高いと生きにくくなる」というのは間違っている、と櫻井は思う。道徳的に正しいか間違っているかどうかはさておき、プライドが高い方が楽に生きられることは確かだ。まず、目標が明確なので道に迷うことがない。歩き方やスピードも自分で決めるので、疲れにくい。強いて欠点を挙げるとすれば、基本的に単独行動である、ということくらいだけど、単独行動が欠点になるかどうかは個人差があるだろう。他人に合わせて柔軟に生きていく方がよっぽど複雑な人生になることは間違いない。

どうして複雑な人生を歩むよう、学校で教えられているのか。道徳的な理由、というのが一番の動機だと思うけれど、もうひとつ、「難しい道を歩く方が成功する確率が高いから」というのが挙げられる。この場合の成功とは、目標の達成のことである。なぜなら目標とは、良好な人間関係の上に成り立つ場合がほとんどだからである。

「自分の信念の元に行動を起こせば必ず成功する」と思っている人が、アーティスト志望の人には多い。実際に成功したアーティストが似たようなことを言っているもんだから、頑固に自分を貫く人が多いのだけど、あなたを成功させるのはあなた自身ではなく、あなた以外の誰かだということを忘れてはならない。

一方、「人生に疲れた」という人は、もっと自分を誇って良いと思う。その歩いてきた道は、自分の信念を貫いて生きている人よりも、ずっと険しく難しい道である可能性が高い。生物として優れている、と言っても良い。

櫻井は、プライドの単位は高さではなく、重さだと思っている。プライドが重いと安定するが、歩みは確実に遅くなる。プライドが軽いと早く走れるが、壊せない壁が増えて真っ直ぐには進めない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA