ブラシ

Pocket

ドラム・セットを演奏する際に用いる道具の一種で、細いワイヤーを束にし、先端を扇状に広げたもの。スティックのように叩いて音を出すだけでなく、ドラム・ヘッドをこすって音を出す「スイープ奏法」など、独特の奏法とサウンドを持った道具で、主にジャズの分野で用いられる。元々は20世紀初頭、室内などの演奏にて、音量をコントロールできないドラマーが、スティックの代わりにプラスティック製のハエたたき(フライ・スワッター)を用いたことが始まりである。その後、金属製のワイヤーを用いたブラシが開発され、今なお主流となっている。

ブラシというと、どうしても「ジャズ・ドラマーしか使わない」というイメージがある。実際、ポピュラ音楽やロック音楽では滅多に用いられない。これは、アンプなどによって増強された音に対し、ブラシはどうしても音量面で負けてしまうからだ。ジャズの分野でも、シンセなどの電子楽器が用いられ始めた1970年代以降、ブラシは陰を潜めている。

まだまだパフォーマンス面で進化の余地を残している、可能性のある道具だと思うのだけれど、そうでなくともブラシは「スティック・コントロール」の練習にうってつけの道具である。まずブラシは、よくしなる材質でできているため、スティックよりもリバウンドを拾い辛い。加えて、柔らかい素材であり、十分なスピードをもって叩かないと、ちゃんとした音が出ない。無駄のない、脱力したフォームで叩かないと、まともに演奏できないのだ。裏を返せば、「ブラシでできることは、スティックでやれば余裕でできる」ということにもなる。実は、櫻井が音大で最初に習ったことも「ウィル・コックソン(ドラムの基礎練習)をブラシで演奏する」だった。フォームに関する基礎練習では、これに勝るものはないと思う。

ちなみに、櫻井がドラムを始めたきっかけのひとつが、ブラシである。ギターを買ってFコードでつまづき、「自分にできそうな楽器はないものか」と考えていた時、ビル・エヴァンスのピアノの後ろで鳴っている、ポール・モチアンの「サーッ」というスイープ奏法を聞いて、「これなら俺にもできる!」と思ったのが発端である。(実際は鬼のように難しいけれど)テクニックは楽そうだし、「別にこれ(スイープ音)なくてもいいんじゃね?」と思っていたので、正直、当時はポール・モチアンをかなり見下していた(そもそもドラマーという時点で見下している)。モチアンと(勝手に)和解したのは、大学に入って彼のソロをトランスクリプション(コピー)してからである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA