フィル・インの作り方 part2

Pocket

前回(「フィル・インの作り方 part1」)に引き続き、フィル・インの作り方について。今回は「1つのフレーズをどのように変化させていくか」にフォーカスを当てて解説する。4拍子の曲を想定し、まずは以下のような2拍フレーズ(EX-1) を選ぶ。

基本フレーズ
 

1つ目のアプローチは、音の長さを変えること。2拍フレーズは、倍の長さにすれば1小節フレーズ(EX-2) になる。このフレーズはテンポが遅くなったように聞こえるため、リズム・パターンがハーフ・タイム・フィールに変化するセクションの前で使うと効果的である。元のタイムに戻る時は、元の長さのフレーズ(2拍フレーズ)を使えばスムーズに移行できる。このことからもわかるように、「1小節フレーズを半分の長さにしたフィル・イン(2拍フレーズ)」は、ダブル・タイム・フィールへの移行に最適である。

長さ

2つ目のアプローチは、叩く場所を変えること。基本的にはタムを使って高い音程から低い音程に向かう(EX-3) が、その逆(EX-4) やキックを絡める(EX-5) など、豊富なバリエーションがある。シンバルを絡める場合はキックも同時に演奏すると効果的だ(EX-6)。ドラマーの悪しき習性である「いろいろ叩いているようでどれもスネアからフレーズが始まっている」という風にならないよう、注意しよう。
 場所

3つ目のアプローチは、発音のタイミングを変えること。上記の例はすべて3拍目のオモテからフレーズが始まっているが、他の拍(EX-7、EX-8) から始めてもよいし、ウラ拍から始めるとさらに印象が変わってくる(EX-9) 。

タイミング

4つ目のアプローチは、回数を変えること。2拍フレーズを2度繰り返せば1小節フレーズになる。同じフレーズをただ繰り返すだけでは単調になりやすいので、2回目はアプローチを変えるとよい(EX-10、EX-11) 。

以上。複雑怪奇なパターンを追及するのも一手だが、まずは単純明快なパターンをどこまで深く掘りさげられるかが基本となる。ややこしいことにチャレンジするのは、その後でも遅くはない。

フィル・インの作り方 part2(クリックでダウンロード)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA