ビー・ディファレント

Pocket

とある著名なブルース・ギタリストがクリニックで「これからの時代、ブルース・ギタリストが成功するためにはどうすれば良いか」という質問に対し、「他人と違ったギタリストになること (Be different) 」と答えていました。他に類を見ない、独自の世界を追求しなければならないのは、アーティストの命題と言えます。しかし、この「独自」という言葉は「自分らしく」「あるがままに」「自分の信じた」というような、自分主体の価値観ではありません。自分の「自」という字が入っているため勘違いしやすいのですが、「独自」とは「自分1人でいるさま」「他と違って独特であるさま」であり、自分と周囲を比べた相対的な価値観です。

たとえば、ミスターチルドレン(以下、ミスチル)の影響を受けているのが客観的に見て明らかなバンドがあったとしましょう。音色もコード進行も歌詞の内容も完全に『抱きしめたい(ミスチルの楽曲)』なのに、本人たちはミスチルを聞いたことがないと言います。彼らいわく、「自分たちの音楽を追求していったらこうなった。決して真似しているわけではない」だそうです。彼らの発言が真であっても、これは独自の世界にはなり得ません。なぜなら、彼らが独特であるかどうか決めるのは彼ら自身ではなく、それを聞いている観客だからです

自分で自分を「独特である」とコマーシャルするほど空しいことはありません。また、外に出ず、内に引きこもって独自の世界を追求するのも風を追うようなものです。「流行り物は嫌い」と言わず、少し耳を傾けてみてはいかがでしょうか。嫌いなものの中にこそ、自分らしさをアピールできるヒントが隠されているかもしれません。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA