バンドとビジネス

Pocket

関東で一緒にバンド活動をしていた友人が、ツアーで関西に来ると聞き、久しぶりにライブハウスのスケジュールを確認すると、色んなバンド名が並んでいて驚いた。珍しい名前がいっぱい、という意味ではない。むしろそういう意味では、似たようなアルファベットのバンド名が八割を占めていたし、残りの二割も「よくある奇抜」に分類されるのがほとんどで、新鮮味はない。唯一、「U2」という名前のバンド(もちろん本物のU2ではない)を見た時は、なかなか身体を張っていて面白いと思ったけれど、将来性はない。そうではなくて、個人(メンバ)の名前がなく、バンド名だけが載っていて、一晩にバンドが4つも5つも演奏していることに驚いたのである。櫻井もバンド活動をしていたし、当時はそれが普通だと思っていたけれど、改めて考えてみると、とんでもないことだな、と思ったのだ。

まず1バンド平均4メンバいるとして、一晩に5バンドで20人のプレイヤがいることになる。チケットが大体2,000~3,000円なので平均2,500円とし、プレイヤひとりが一晩に5,000円稼ぐとなると、40人は集めないといけない。それくらいなら何とかなるかもしれないけれど、これに普通は「ノルマ」が加算される。20人/1バンドがノルマとして、利益が出るのは100人を越えてから、つまり、140人が必要になる。1バンド28人呼んで、やっと5,000円だ。ジャズのライブで28人呼んだら、ひとり14,000円は稼げる。概算とはいえ、実に3倍近く差が生まれるのだ。その代わり、ジャズのライブは一晩に複数回、演奏しなければならない。30分のステージだったら3ステージは必要だろう。結局、どちらも妥当なところかもしれない。

あと、個人の名前を出さないで、どうやって自分を売り込んでいくんだろう、とも思った。そこは一蓮托生、バンドと共に生涯を過ごす、ということだろうか。一般的にバンドの寿命は企業よりも短い。その短い間に成果を上げられれば次に繋がるかもしれないけれど、少なくとも一生涯というのは、ほとんど不可能に近い。常にバンド(企業)は潰れるものだ、と思って行動していないと、ミュージシャンとしてはやっていけないのでは、と思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA