バンドとビジネス

Pocket

関東で一緒にバンド活動をしていた友人が、ツアーで関西に来ました。久しぶりにライブハウスのスケジュールを確認したところ、いろんなバンド名が並んでいて驚きました。珍しい名前がいっぱい、という意味ではありません。個人(メンバー)の名前がなく、バンド名だけが載っていたことに驚いたのです。櫻井もバンド活動をしていて、当時はそれが普通だと思っていたんですが、改めて考えてみると、とんでもないことだな、と思ったのです。

1バンド平均4メンバーいるとして、一晩に5バンド集まるライブでは、20人のプレイヤーがいることになります。チケットの料金を平均2,500円とし、プレイヤー全員が一晩に5,000円稼ぐためには、合計で40人は集めなければなりません。さらに、これにノルマが加算されます。1バンドにつき20人集めるのがノルマだとして、利益が出るのは100人を越えてからになります。つまり、1人のプレイヤーが5,000円稼ぐためには1バンドにつき28人、5バンドの総計で140人の集客が必要になるわけです。ジャズのライブで28人呼んだら、1人につき14,000円は稼げるでしょう。概算とはいえ、実に3倍近い差が生まれるのです。

個人の名前を出さずにどうやって自分を売り込んでいくのでしょうか。一蓮托生、バンドと共に生涯を過ごすのでしょうか。一般的に、バンドの寿命は企業よりも短いです。その短い間に成果を上げられれば次に繋がるかもしれませんが、一生涯というのはほとんど不可能と言えるでしょう。バンド(企業)は潰れるものと思って行動していなければ、ミュージシャンとしてはやっていけないのかもしれません。

【ティモ・ドラム・レッスン】
大阪 堺 なかもずの音楽教室
金曜日 土曜日 開講

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA