バンドが組めない時

Pocket

「バンドが組みたいけれど、周りに人がいない」と言う方がいらっしゃいます。櫻井が住む大阪府には900万近い人が住んでいるため、人がいない、というのはちょっと正確でない気がします。メンバー募集サイトにはバンドの求人が山ほど出ていますし、性別も限定していないため、結婚相手を探すよりは楽なのではないでしょうか。

それでもバンドが組めない人は、バンドに求めるものが多すぎる、あるいは高すぎる可能性があります。自分の力でどうにかできるものなら大いに挑戦すべきですが、バンドは普通、自分以外の他人と一緒に築き上げるものです。自分の願望に納得してもらえる説得するか、ある程度妥協する必要があるでしょう。

バンドに求めるものを端的にまとめると、「誰と」「どんなバンドで」「何をしたいか」になります。「上手い人と、かっこいいバンドで、楽しくライブがしたい」という抽象的なものでも構いませんが、感覚的なものは共有しにくいゆえに賛同を得にくいでしょう。もう少し具体的なものだと「友人たちと、オリジナルのロック・バンドで、メジャー・デビューしたい」といった具合になります。オリジナル曲を作ったり、デビューしたりするのは自分だけでもできますが、友人たちがそれに賛同してくれるかどうかがネックになります。

このように、大抵の問題は「誰と」にどれだけ妥協できるかで解決します。しかし、最も妥協できないのが「誰と」であることが多いのです。妥協できないなら説得するしかありません。「自分とバンドを組むことで、あなたにこれだけの利益がありますよ」とプレゼンテーションするわけです。この場合の利益とは、金銭の報酬に限りません。自分が相手にどれほど影響を与えられるか、よく考えてみましょう。



「友だち追加」をタップ、またはQRコードをスキャンしていただきますと、ティモ・ドラム・レッスンの公式アカウントに繋がります。
お気軽にお問い合せくださいませ! レッスンのご予約も承ります。





開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!





※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

個人情報の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA