バスドラムの奏法について

Pocket

櫻井が初めてドラムを習った偉大な師匠が、バスドラムの奏法についてブログを書かれていました。おそれながら櫻井も、自分の奏法について少し言及しようと思います。師匠に比べれば櫻井のドラム歴は底が知れていますが、それはそれとして、何かの参考になれば、という気持ちで書いています。

まず、バスドラムに限らず、櫻井は演奏することにおいて大前提とも呼べる条件を持っています。その1つは「どんな状況下においても変わらず演奏できること」というものです。「体調によって左右されない」といったレベルのものも含まれますが、バスドラムの奏法に関しては「どんなペダルでも変わらず演奏できる奏法を使う」ということに重きを置いています。自分にとって演奏しやすいペダル、セッティングはありますが、「それでなければ思うように演奏できない」という状態は避けるようにしています。ようするに、「演奏できないことを器材の責任にしない」ということです。ドラムで音を出す以上、その音はドラマーの責任です。ただ、「どんなペダルでも」というのは、「壊れたペダルでも演奏可能」という意味ではありません。ビーターのフェルトが擦り切れて金具部分がヘッドに当たる、スプリングが全く機能しないためビーターが戻ってこない、フットボードが曲がってる、あるいは割れているなど、こういった症状があるペダルは器材とは呼べないでしょう。(しかし、演奏する前に器材をチェックする責任はドラマーにあるので、やはりこれも責任転嫁することはできません)。

どんなペダルでも変わらず演奏するためには、状況に応じて奏法を使い分けるのが一番ですが、どの奏法もビーターがヘッドに当たって返ってくる力(リバウンド)を利用するようにしています。これの最大の利点は最小限の力で演奏できる(無駄な力を使わない)ことにあります。「力を入れないと大きい音が出せない」というイメージがあるかもしれませんが、実は全く逆で、最も大きい音が出せるのは最も脱力できた時なのです。さらにこの奏法は、ペダルの状態にほとんど影響を受けません。一番影響が出るのはビーターの重さと長さですが、極端なケースを除けばどんなセッティングにもビーターが一番リバウンドするポイントがあるので、それを見つけられれば変わらず演奏できます。これはバスドラムのチューニングも同様です。ハイ・ピッチの方がリバウンドを拾いやすい傾向はありますが、ロー・ピッチでもビーターは必ずリバウンドします。また、「リバウンドを拾う」という特性上、自然とオープン奏法(ヘッドからビーターが離して演奏する奏法)になります。

では、リバウンドを利用するにはどういった練習をすれば良いのでしょうか。最初は、ペダルのスプリングを外して練習するのが一番良いと思います。スプリングがない状態でペダルを踏んで、ビーターが返ってこない状態では、まだリバウンドを活かしきれていません。ヒール・ダウン(かかとをフット・ボードにつけた状態)のつま先を上げた状態から、足の裏でペダルを一瞬叩くように踏むと上手くいきやすいです。まずは一打ずつ踏んでみましょう。その感覚が掴めたら、今度はヒール・アップ(かかとを上げた状態)で同じことをしてみます。櫻井の場合、ヒール・ダウンでもヒール・アップでも使っている筋肉、神経は同じ場所です。ツイン・ペダルを練習している時も、左足はヒール・ダウンで練習して神経を鍛えていました。

ちなみに、櫻井がドラムを教えてもらっていた当時、師匠は「バスドラムはクローズ奏法で踏んだ方がパワーもあって音質も良くなる」とおっしゃっていました。櫻井はどちらかと言えば天邪鬼なので、「これが良い」とオススメされたことの逆方向へ突き進む傾向があります。結果として、奏法に関しては見事に正反対になりましたけれど、音抜けが重要という点では師匠と意見が一致しています。これは間違いなく、櫻井が師匠の影響を受けている証拠です。目で見えるものを教えるのは比較的簡単ですが、目に見えないものを教えられるのは一流の教育者の証だと思います。心から、敬意を込めて。

【参考リンク】

Kickの音量』高木和好


開講日 月曜日~土曜日
レッスンご予約、受付中です。いつでもお気軽にご連絡ください!


お問い合わせはコチラ!


無料体験レッスンのお申し込みはコチラへ!


※連絡は「info@sakuraitimo.com」のメールアドレスを使わせていただきます。 お手数おかけしますが、「info@sakuraitimo.com」からのメールを受信できるよう、ドメイン設定を解除していただくか、ドメイン「sakuraitimo.com」を 受信リストに加えていただきますよう、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA