バス・ドラムの奏法について

Pocket

初めてドラムを習った偉大な師匠が「バス・ドラムの奏法」についてブログを書かれていたので、畏れながら櫻井も自分の奏法について少し言及しようと思う。師匠に比べれば櫻井のドラム歴なんて底が知れているけれど、それはそれでまあ、何かの参考くらいにはなるんじゃないか、というくらいの気持ちで書いていく。

まず、バス・ドラムに限らず、櫻井は演奏することにおいて大前提とも呼べる条件を持っている。そのひとつに「どんな状況下においても変わらず演奏できること」というものがある。これには「体調によって左右されない」とか、そういったレベルのものまで含まれるのだけれど、バス・ドラムの奏法に関しては「どんなペダルでも変わらず演奏できる奏法を使う」といったことに重きを置いている。自分にとって演奏しやすいペダル、セッティングというのはあるけれど、「それでなければ思うように演奏できない」という状態は、避けるべきである。ようするに、「演奏できないことを器材の責任にするな」ということ。ドラムで音を出す以上、その音はドラマーの責任である。ただ、「どんなペダルでも」というのは、「壊れたペダルでも演奏可能」という意味ではない。たとえば、ビーターのフェルトが擦り切れて金具部分がヘッドに当たるとか、スプリングが全く機能しなくてビーターが戻ってこないとか、フットボードが曲がってる、あるいは割れているとか、こういった症状があるペダルは「器材」とは呼べない(しかし、演奏する前に器材をチェックする責任はドラマーにあるので、やはりこれも責任転嫁することはできない)。

どんなペダルでも変わらず演奏するためには、状況に応じて奏法を使い分けるのが一番だけれど、基本的には「ビーターがヘッドに当たって返ってくる力(リバウンド)」を利用するようにしている。これの最大の利点は「最小限の力で演奏できる(無駄な力を使わない)」ことにある。「力を入れないと大きい音が出せない」というイメージがあるかもしれないけれど、それは全く逆で、最も大きい音が出せるのは最も脱力できた時である。さらにこの奏法は、ペダルの状態にほとんど影響を受けない。一番影響が出るのはビーターの重さと長さだけれど、あまりに極端なケースを除けばどんなセッティングでも、「ビーターが一番リバウンドするポイント」というのがあるので、それを見つければ変わらず演奏できる。これはバス・ドラムのチューニングも同様である。ハイ・ピッチの方がリバウンドを拾いやすい、という傾向はあるけれど、ロー・ピッチでもビーターは必ずリバウンドする。また、リバウンドを拾う特性上、自然とオープン奏法(ヘッドからビーターが離して演奏する奏法)になる。今のところ「クローズ奏法(ヘッドにビーターを押しつけて演奏する奏法)してくれ」という要望はないし、あったらあったで対応できる(今、実際やってみてできた)。

では、この「リバウンド」を利用するにはどういった練習をすれば良いのか。最初は、ペダルのスプリングを外して練習するのが一番良いと思う。スプリングがない状態でペダルを踏んで、ビーターが返ってこないようでは、まだリバウンドを活かしきれていない。やってみればわかるけれど、ヒール・ダウン(かかとをフット・ボードにつけた状態)のつま先を上げた状態から、足の裏でペダルを一瞬叩くような感じで踏むと上手くいく。まずは一打一打。その感覚が掴めたら、今度はヒール・アップ(かかとを上げた状態)で同じことをする。櫻井の場合、ヒール・ダウンでもヒール・アップでも使っている筋肉、というか神経は同じ場所だったりする。ツイン・ペダルを練習していた時も、左足はまずヒール・ダウンで練習して神経を鍛えていた。ただ、ヒール・アップの方がいろいろな奏法ができるので、ヒール・ダウンを使うのはボサ・ノヴァとか、ピアニッシモで演奏する時くらいかもしれない。

以上。ちなみに櫻井がドラムを教えてもらっていた高校当時、師匠は「バス。ドラムはクローズ奏法で踏んだ方がパワーもあって音質も良くなる」と言っていた。櫻井はどちらかと言えば天邪鬼なので、「これが良いよ」とオススメされたことの逆方向へ突き進む傾向がある。結果として、奏法に関しては見事に正反対になったけれど、「音抜けが重要」という点では師匠と意見が一致している。これは間違いなく、櫻井が師匠の影響を受けている証拠だ。目で見えるものを教えるのは比較的簡単だけれど、目に見えないものを教えられるのは本当に一流の教育者だと思う。心から、敬意を込めて。

【参考リンク】

Kickの音量」 高木和好

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA