ドラム・セットの総額【最高額編】

Pocket

この記事は、2017年7月時点で購入可能な楽器の中で最高額の商品を「デジマート(クリックで外部リンク)」で検索し、まとめたものである。

◯ドラム・セット

最高額はグレッチ社のビンテージ・ドラムで、バス・ドラム(18インチ)、タム(12インチ)、フロア・タム(14インチ)の3点セットが約400万円だった。各メーカーが出しているプロユースの現行品が20万円ほどなので、およそ20倍だ。頑張れば新車のベンツが買える値段である。
ビンテージを抜きにしたら、クラヴィオット社の限定品がバス・ドラム20インチ、タム12インチ、フロア・タム14インチの3点セット+スネアがついて約150万円だった。クラヴィオット社の似たようなタイプのスネア(限定品)が20万〜30万円ほどなので、ドラム・セット本体は120万〜130万円と推測できる。運が良ければホンダの新車のワゴンが買える。

【参考リンク】
【Vintage】Gretsch 60’s ラウンドバッジ 18”,12”,14” 幻の18”BDSET! Midnight Blue Pearl オリジナルカラー

Craviotto Solid Beech 4pc Drum Set [Private Reserve] 【タムマウント用スネアスタンド付属】 【NAMM 2017】

◯スネア

クラヴィオット社の創立10周年を記念した限定品が、スネア単体でなんと120万円あまり。前述のクラヴィオット社のドラム・セットとほとんど同価格である。次いで高いのがラディック社の創立100周年を記念した限定品で、こちらは100万円あまりだった。
ラディック社の10%の期間しか運営していないのに、それを上回る価格のスネアを売り出す強気なクラヴィオット社。彼らが創立100年を迎える頃には1千万円するスネアを限定品として出すのではないか。

【参考リンク】
Craviotto 10th Anniversary Diamond Series Black Nickel Masters Brass No.21 of 25

Ludwig : ラディック The 1928 GOLD TRIUMPHAL REISSUE【24Kゴールドで仕上げ!!】

◯シンバル

スピッチーノ社の22インチのライド・シンバルが、ハンドメイドの現行品で約42万円だった。これはシンバル全体でも最高額であり、スピッチーノ社のライド・シンバルがトップ3を独占している。
ライド・シンバル以外ではジルジャン社のビンテージ、いわゆる「オールドK」と呼ばれるモデルのハイハットが約22万円だった。ジルジャン社の現行品で最も高いモデルでも7万円しないので、その3倍以上の値段である。

【参考リンク】
SPIZZICHINO 22″ Tribute 2,456g

Zildjian ISTANBUL K New Stamp 14 Hihat 950/950g OLD ハイハット ペア 【渋谷店】

◯ペダル

シングル・ペダル、ツイン・ペダル共にアクシス社の現行品が最高額だった。前者は約8万円、後者は約18万円だった。始めにも書いたけれど、各メーカーが出しているプロユースのドラム・セットが20万円ほどなので、それとほとんど変わらない値段のペダルである。

【参考リンク】
Axis A21 LASER SINGLE PEDAL シングルペダル

Axis A21-2 LASER DOUBLE PEDAL ツインペダル

◯まとめ

ドラム・セット:約400万円(1タム、1フロア)
スネア:約120万円
シンバル:約64万円(1ハイ・ハット、1ライド・シンバル)
ペダル:約18万円(ツイン・ペダル)

合計:約602万円

これにハードウェアやスティックなどの備品が必要になる。それらも高い商品で揃えれば、最終的な合計は610万円ないし620万円ほどになるのではないか。新車のレクサスが余裕で買える値段である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA