ドラム・スティックの選び方

Pocket

特にドラムを始めたての方からよく訊かれる質問である。インターネットで検索すればいくらでも回答は見つかるのだけれど、箇条書きにまとめるとこうなる。

1. 平らな床に転がして、反りがないものを選ぶ
2. 1本ずつ重さを計量し、1組の重量差がないものを選ぶ
3. 自分の手の平によく馴染む太さ、振りやすい長さを選ぶ
4. コントロールしやすいチップ(先端)の形状を選ぶ

この内、1と2に関してはスティックの品質の問題だけれど、3と4に関しては個人の好みの問題である。好みの問題なのだから好きに選べばいいじゃないか、と思うかもしれないけれど、「馴染む」「振る」「コントロールする」というのは「感覚」であって、生まれて初めてスティックを持った人にとっては未知の情報なのである。感覚は感覚でしか養えないため、使っているうちになんとなくわかってくるものだけれど、そうでない場合はどうすればいいのか、というのが「どのスティックを選べばいいんですか?」という質問の根底にある。

ではここで2つ、スティックの選び方を紹介しよう。

○極めて平均的なスペックのスティックを選ぶ

この場合の「平均」とは、個人の感覚ではなく、統計に基づいたものである。多少前後するが、太さは「14.5ミリ」、長さは「407ミリ」、チップは「ティアドロップ(涙)型」というのが、世界的にスタンダードな規格になっている。各メーカーが「5A」という品番で販売していることが多い。「ちょっと長めの5A」とか「チップの形状が違う5A」などの亜種はあるけれど、いずれも平均的な「5A」という規格に基づいている。メーカーによる違いは、ひとまず無視して構わない。「自分は平均より小柄だな」と思う方が少し細め、短めのスティックを使う、というのも1つの手だけれど、ひとまず5Aを使って、「平均とは何か」という感覚を養ってみよう。

○自分の好きなジャンルのドラマーが使っているスティックを選ぶ

好きなドラマーが既にいて、そのドラマーが使っているスティックを選ぶ、という方法。1人に限定するのではなく、複数名挙げて平均を取るのが望ましい。というのも、その好きなドラマーが「むちゃくちゃ太い」「鬼のように長い」など、あまりに奇抜なスティックを使っていた場合、初心者がそれを使うと、叩く時に変なクセがついてしまい、正しいフォームで叩けなくなる恐れがあるからだ。フォームが悪くてドラムが上達しないくらいなら些末な問題だけれど、腱鞘炎などの怪我をしては元も子もない。最低でも5人は統計を取り、その平均の結果が「太め、長め」であったなら、多少扱いづらくても、それを使った方が将来的には役立つだろう。「5人もいねーよ」という人は、足りない分を前述の5Aにして平均を出すとよい。

ちなみに、櫻井は「結構太めで軽いスティック」を使っている。元々「太い音が欲しいけど、筋力がないから重いスティックは嫌だ」という前提があって、試行錯誤の末、今のスティックに落ち着いている。選ぶ前のコンセプトさえしっかりしていれば、スティック選びを間違えることはない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA