ドラム・スティックの回し方【後編】

Pocket

前回(ドラム・スティックの回し方【前編】)は最もポピュラーなスティックの回し方について解説した。今回は別の回し方をいくつか紹介しよう。

〇縦回転

人差し指や中指を軸にスティックを縦方向に回転させるテクニック。人差し指と中指で挟んで回すと半回転、中指と薬指で挟んで回すと1回転する。

半回転の見た目は地味だが、チップとグリップが入れ替わるので、クローズド・リム・ショットする際に素早く切り替えられる、というメリットがある。

動画では右手で時計回りに回しているが、反時計回りも可能である。親指と人差し指で挟み、半回転させると人差し指と中指の間、1回転させると中指と薬指の間に着地する。これを応用して反時計回りと時計回りを繰り返すと、このような動きになる。

〇横回転

親指を軸にスティックを横方向に回転させるテクニック。右手の場合は反時計回りに回す。難易度の割に見た目が地味なのが難点。

〇空中回転

スティックを放り投げてキャッチするテクニック。縦回転同様、半回転させればチップとグリップが入れ替わる。見た目は派手だが、滞空時間をコントロールするのが非常に難しいため、リスクは高い。

〇レギュラー、マッチド・グリップの切り替え

前編で紹介した8の字回しの応用で、最も実用的なスティック回し。人差し指と中指で挟み、スティックを回転させると同時に手の平を返す。左手の場合、マッチド・グリップからレギュラー・グリップへ移行する際は反時計回り、レギュラー・グリップからマッチド・グリップへ移行する際は時計回りに回す。

以上。前編で書いた通り、腱鞘炎には注意していただきたい。また、慣れないうちはスティックを落とすことが多いだろうから、近隣住民の迷惑にならないよう布団の上でやるようにしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA