ドラムは何歳から叩けるか

Pocket

バチを持って叩くだけなので、年齢関係なく誰でも楽しめる楽器と思いきや、ある程度の身長がないとペダルに足が届かないという問題が発生する。ハイハット・ペダル(左足)はハイハットを閉じた状態にすれば良いけれど、キック・ペダル(右足)は踏む以外に方法がない。「イスの座面を下げる」という方法もあるけれど、そうすると今度はスネアやタム、ハイハットが叩きづらくなる。

だいたいの目安だけれど、通常のドラム・セット(22インチのバス・ドラム)でペダルが扱えるようになるのは、女性が小学3年生ごろ、男性が小学5年生ごろである。具体的な身長の数値を挙げられなくて申し訳ないけれど、年齢だと8〜10歳といったところだ。キッズ用の小型ドラム・セット(16インチのバス・ドラム)でも、6歳くらいにならないと安定しない。

櫻井のドラム・レッスンは男女共に4歳から受け付けている。男性で4歳というと、足を目一杯伸ばせば何とか届く距離だ。安定感に欠けるが、身体の負担にならないようであれば挑戦していただいている。足の操作に抵抗がある場合は、手だけで演奏したり楽器の名前を覚えたりするなど、やり方はいくらでもある。重要なのは本人に演奏する意思があるかどうか危険はないかの2点だ。

櫻井が4歳という年齢制限を設けているのは、身長の問題よりもコミュニケーションの問題である。櫻井は、子どもに対してそれほど子ども扱いをしない(大人に対しても大人扱いしていないけれど)。主なレッスンは会話によって行なわれるため、会話できることが条件になっている。その目安が、だいたい4歳前後なわけだ。同じ理由で、言語も日本語に限定している(参考『初めてのドラム・レッスンは英語だった』)。ご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA