テレビ

Pocket

今となっては見ている人の方が少ないと思うけれど、ほんの十数年前までは重宝されていた家電だった。電源をつけるだけで情報が流れてくるし、ディスプレイはビデオやゲームの映像を映すこともできる。当時はまだパソコンも、インターネットも普及しておらず、携帯だって持っている人といない人が半々くらいだったので、家庭の娯楽と言えばテレビかゲームくらいしかなかった。ゲームは目が悪くなる、頭が悪くなる、とマイナスのイメージが強く持たれていたことに比べ、何故かテレビはゲームほどの非難は受けていなかった。むしろ、ほとんどの人がテレビを見ていたし、例えば学校のクラスメイトが見ているテレビ番組をチェックしないと話題に乗り遅れ、クラスの除け者にされてしまう、という事態が実際に起こる時代だった。

そんなみんなが見ている、共有している情報であるテレビに「出演する」というのは、今では考えられないほど「名誉」で、「特別」なこととされていた。ほんのちょっと映っただけでも、しばらくはクラスのヒーロー、ヒロイン扱いされるし、ミュージシャンだったら、「年末の紅白歌合戦に出演できれば一生音楽で食べていける」と言われていたほど影響力があったものだった。それだけ憧れを持たれるメディアに出演する「芸能人」という職業は、プロのスポーツ選手を目指すのと同じくらい夢物語で、そして、立派なものだとされていた。

櫻井自身、小中学生までは「テレビがなくては生きていけない」というような人生を送っていたと思う。超がつくほどのゲーマーだったし、夜行性だったので、いつも深夜に放送しているアニメや映画や通販番組ばかりみていた。ところが、高校に入ってから、テレビは一切見なくなった。一番大きな理由は、ドラムを始めたことだ。周りの友人たちから「テレビを見ないなんて意味がわからん」と言われたけれど、「皆がテレビを見ている間に練習すれば、不器用な自分でも対等になれるだろう」という思惑があってのことだった。残念ながら高校にいる間にその成果は出なかったけれど、10年経った今は大きな成果を得た、と確信している。

「何かを得るには、何かを犠牲にしなくてはならない」とは言うけれど、櫻井はテレビを犠牲にした、とは思っていない。ドラムが上手くなりたくて、上手くなるにはどうすれば良いかを考えて、最も手っ取り早く試せる方法を選んだに過ぎない。よって、上手くなりたい人に授けるアドヴァイスは「テレビなんか見るな」ではなく、「どうすればいいと思ってる?」である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA