タムを使ったリズム・パターン

Pocket

楽曲によって差異はあるが、基本的にどのジャンルでもドラムの演奏は「リズム・パターン」が大きな割合を占めている。ロックやポップスなら「8ビート」や「ウラ打ち」、ジャズなら「レガート」といったリズム・パターンを用いるが、いずれも「ハイハット(あるいは、ライド)」「スネア」「バス・ドラム(キック)」の3点を中心に演奏するものだ。そのため、タム(ハイ・タム、ロー・タム、フロア・タムなど)を叩けるのはセクションの合間に演奏される「フィル・イン」という箇所くらいしかない。椅子に座ると目の前にある割に、登場する機会が少ない楽器がタムなのだ。

もちろん、例外はある。それが今回紹介する「タムを使ったリズム・パターン」である。大きな割合を占めるリズム・パターンにタムを用いれば叩き放題、という寸法だ。ずっとフィル・インを叩いているみたいで楽しいのか、生徒様のウケも良かったりする。動画を交えて順に解説していこう。

1. シング・シング・シング / ベニー・グッドマン

singsingsing

ビッグバンド・ジャズの名曲である。「ジャングル・ビート」とも呼ばれるこのパターンは、フロア・タムのみで演奏される。譜面に書いてあるアクセントは一例であり、曲に合わせて自由にアクセントを変えることができる。問題は、途中のスウィング・パターンをどう乗り切るかである。

2. 涙の乗車券 / ザ・ビートルズ

ticket

リンゴのシンプルかつ効果的なリズムパターンである。3、4拍目のウラに入るスネアとタムは、ギターのアルペジオに合わせるようにして演奏しており、やや「訛った」グルーブになっている。途中ブリッジとアウトロで8ビートになるが、基本的にはずっとこのパターンを演奏している。

3. 名もなき詩 / ミスター・チルドレン

namonaki

「涙の乗車券」と似ているが、こちらは2小節フレーズで、リンゴのような訛りはなく、比較的演奏しやすいと思われる。2タム1フロアを想定して譜面を書いたが、1タム1フロアでも演奏可能である。この曲もサビで8ビートに変わるが、全体通してこのパターンを貫いている。

4. snow drop / ラルク・アン・シエル

snowdrop

パール社の製品「ロート・タム」を用いたリズムパターン。原曲はドラム+ロート・タムで多重録音されている。譜面のフレーズは、ライブで演奏されているフレーズを2タム1フロアに置き換えたもの。シンプルな16分音符なので叩きやすい割に、複雑なフレーズに聞こえる不思議なパターンである。

5. Mushanga / TOTO

mushanga

ジェフ・ポーカロの教則ビデオでもお馴染みのリズム・パターン。ビデオ内でジェフは「2拍目オモテからパラディドル、3拍目ウラからパラディドルディドル」と解説しているが、実際の演奏は1拍目オモテからトリプル・パラディドルを用いていることが多い。譜面は2タム1フロアを想定し、1拍目ウラからダブル・パラディドルを用いたフレーズを書いた。一番原曲らしさが出るかな、という個人的な判断によるものである。

以上。例によってPDFを用意した。前回やった「寿限無」(参考「寿限無を叩いてみた」)よりは需要があるのでは、と思う。ご自由に使用されたし。

タムを使ったリズムパターン(クリックでダウンロード)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA