タイプ別ミュージシャン診断

Pocket

まずは以下の質問に、「はい」か「いいえ」でお答えください。

A1 初対面の相手にも自然に振る舞うことができる
A2 嬉しいこと、楽しいことは積極的に共有したい
A3 多少自分が無理をしてでも、相手に合わせようとする
A4 ひとりでいる時間より、大勢と一緒にいる時間が大切だ
A5 何かを決断する時には必ず誰かと相談する

B1 考えるよりもまず、身体が動く
B2 堅実に生きるより、一発大当たりを狙っている
B3 感情を隠さず、表に出すほうだ
B4 話を聞いているより喋っていることが多い
B5 理屈よりも直感が大事だ

○Aの質問に対して
「はい」が多い⇒団体派
「いいえ」が多い⇒単独派

○Bの質問に対して
「はい」が多い⇒行動派
「いいえ」が多い⇒頭脳派

AとBの回答から、以下の四つのタイプに分類します。

typeofmusician

○演者タイプ(団体行動派)

ステージに立ってパフォーマンスするために生まれてきた人。ライブは見た目の派手さや面白さも求める。アイディアマンだが、きちんと形にするのは苦手。バンドにおけるフロントマン向き。音楽教師になると、「もっとバーっとやって」「ここはギュイーンって感じ」と擬音やアクションで説明するタイプ。

○管理人タイプ(団体頭脳派)

面倒見がよく、周囲に気を配る。目標達成のために必要なものを合理的に判断し、先導する。調和を重んじるため、ここぞという時に保守的になりがち。バンドリーダー、プロデューサー向き。音楽教師になると、当たり障りのないことを当たり障りなく穏便に教えようとするタイプ。

○職人タイプ(単独行動派)

時代を開拓していくクリエイティブなアーティスト。正確、精密に仕事をする。頑固で融通が利かないのが玉にキズ。作詞・作曲家、アレンジャー向き。サウンドエンジニアなど、裏方に回っても強い。音楽教師になると、言葉で説明するのではなく、実際に提示して「盗め」と生徒の自主性に任せるタイプ。

○学者タイプ(単独頭脳派)

冷静に物事を分析するのが得意。何が問題でどう対処すべきか理解が早く、周囲にそれを伝えることができる人。超現実主義。話が通じない相手を放っておいて、自己完結することもしばしば。音楽評論家、雑誌記者、研究者向き。音楽教師になると、生徒の良い点を伸ばすよりも、欠点を的確に指摘・指導するタイプ。

さて、あなたはどのタイプでしたか? 櫻井は「元々管理人タイプだったのが、ここ数年で急激に職人タイプになったな」という自己分析をしてたんですが、テストの結果はAとB共に「はい」が一個ずつで、「真性の学者タイプ」でした。ちなみに、以上のテストは櫻井の独断と偏見で適当に作ったものなので、当たっていても外れていてもあんまり真に受けないように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA