サンドラ飼育日記

Pocket

以前に『ジャズベかプレベか』で紹介した、エレキベースの「サンダードラゴン」、通称「サンドラ」を買って幾ばくか経った。軽いお手伝いのつもりで買ったのだけれど、今ではギターと同じくらい、弾く機会が多く与えられている。このペースだと、いずれ「ベーシスト櫻井」と誤認されそうである。今後とも「ギタリスト櫻井」としてよろしくお願い申し上げたい。

○安かろうは悪かろう?

サンドラはバッカス社のジャズ・ベース・タイプ(以下、ジャズベ)で、定価でも2万円を下回るエントリー・モデル、いわば安物の楽器である。安物といっても音はそれほど悪くない。他社のジャズベと比べるとノイズが多いけれど、ジャズベに低ノイズを求めるのもどうかと思う。

○購入後の印象

前述のブログでは「プレベよりジャズベがいい」と言っているけれど、実は、2基あるシングル・コイルのピックアップを直列配線にして擬似プレベ状態に改造してある。プレベほどブーミーな音じゃないし、ジャズベらしいクリアさもあって気に入っている。「もともと配線作業に興味があった」とか「1ボリュームが扱いやすい」という理由もあるけれど、なんやかんや、プレベっぽい音が好きなのだ。

○致命的な欠陥

ただ、どうしても我慢ならない点が1つあって、とにかく頻繁にネックが反れる。櫻井が買ったものがたまたま粗悪品だった、という可能性もあるが、ひょっとすると、エレキベースはそもそもネックが反れやすい楽器なのかもしれないと、なんとか自分を誤魔化している

なまじ良い楽器を知っていると、安い楽器を使った時、不足に目がいってしまう。気を抜くと、デジマートの5弦PJタイプを検索してしまうのだ。そんな予算があるならギブソンのアコギが欲しい。弾く機会はあまりないけれど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA